ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🚗|【スーパー耐久 第2戦】雨模様となった予選は、31号車レクサスRCF GT3がポールポジションを獲得


写真 2021スーパー耐久第2戦予選

【スーパー耐久 第2戦】雨模様となった予選は、31号車レクサスRCF GT3がポールポジションを獲得

 
内容をざっくり書くと
Bドライバーの澤圭太もトップではないものの好タイムをマークし、このまま290号車のポールポジションかと思われたが、セッション終盤になって雨が止み、路面もすこしずつ乾き始めたことで、各車が一斉にタイムを更新。
 

2021年のスーパー耐久第2戦「SUGOスーパー耐久3Hours Race」の公式予選が4月17日に… →このまま続きを読む

 レスポンス


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

Bドライバー

澤圭太

澤 圭太(さわ けいた、1976年8月16日 - )は、千葉県生まれのレーシングドライバー

略歴

1998年に4輪レースデビュー。1999年にはF4関西シリーズチャンピオン獲得。2000年に全日本GT選手権(現SUPER GT)へスポット参戦。2001年には全日本F3選手権に参戦。2002年から全日本GT選手権へ本格的に参戦し、2003年にはGT300クラスで2勝を挙げてシリーズ2位を獲得。2006年にはポルシェカレラカップアジア(PCCA)に参戦、2011年には同シリーズでチャンピオンを獲得。 2016年にはアジアン・ル・マン・シリーズのGTクラスにてシリーズチャンピオンを獲得。翌年からFIA 世界耐久選手権のLM-GTE Amクラスへフル参戦し開幕戦では初優勝を飾る。レース活動での経験を活かしてサーキットレッスンイベント「ワンデイスマイル」を2009年に設立している[1]

レース戦績

  • 1999年 - F4関西シリーズチャンピオン
  • 2000年
  • 2001年 - 全日本F3選手権 <第1-6,12,13,16-19戦>(ROCKPORT F399 #19 ダラーラF399・トヨタ・トムス3S-GE) シリーズ12位
  • 2002年
    • 全日本F3選手権 Bクラス <Rd.19,20>(サーモマジック-60℃ #60 ダラーラF300/トヨタ・トムス3S-GE)
    • 全日本GT選手権・GT300クラス <Rd.1-3,5-8>(シグマテックレーシングチーム #71 シグマMR-S)シリーズ15位
    • 鈴鹿1000km・GT300クラス(シグマテックレーシングチーム #71 シグマMR-S)総合5位・クラス2位
  • 2003年
    • 全日本GT選手権・GT300クラス <Rd.1-4>(シグマテックレーシングチーム #71 シグマMR-S)
    • 全日本GT選手権・GT300クラス <Rd.5-8>(シグマテックレーシングチーム #71 シグマDUNLOPセリカ) シリーズ2位・2勝
    • 鈴鹿1000km・GT300クラス(シグマテックレーシングチーム #71 シグマDUNLOPセリカ)総合5位・クラス優勝
  • 2004年 - 全日本GT選手権・GT300クラス <Rd.2,5,7>(アークテックモータスポーツ #112 ARKTECH ADVAN GT3) シリーズ20位
  • 2005年 - SUPER GT・GT300クラス <Rd.1-3>(ARKTECH MOTORSPORTS #112 ARKTECH RodeoDrive WAKO'S GT3)
  • 2006年
    • ポルシェ・カレラカップ・アジア(PCCA)シリーズ8位
    • SUPER GT・GT300クラス <Rd.6 スポット参戦>(TOYOTA TEAM CERUMO #52 プロμ太陽石油KUMHO セリカ)クラス優勝・シリーズ14位
  • 2007年
    • ポルシェ・カレラカップ・アジア(PCCA)シリーズ3位・1勝
    • SUPER GT・GT300クラス <Rd.6 スポット参戦>(TEAM マッハ #5 クムホ プロμマッハ号 320R)
    • スーパー耐久・ST1クラス <Rd.3 スポット参戦>(#8 黒豆リボイスGT3) クラス2位・総合3位
  • 2008年
    • ウィンザーアーチマカオGTカップ 総合3位
    • ポルシェ・スーパーカップ <Rd.6,8>
    • SUPER GT・GT300クラス <Rd.6 スポット参戦>(TEAM TAISAN with NISHIZAWA #26 ユンケルパワータイサンポルシェ)シリーズ27位
  • 2009年
    • マレーシアムルデカ耐久レース 総合4位
    • マカオGTカップ 優勝
    • SUPER GT・GT300クラス <Rd.8,9>(ARKTECH MOTORSPORTS #112 石松 with ARKTECH GT3)
    • スーパー耐久・ST1クラス <Rd.2,3,5>(Kosei・R・P・GT3) クラス3位入賞
  • 2010年
    • マカオGTカップ 優勝
    • ポルシェ・カレラカップ・アジア(PCCA)シリーズ8位
    • SUPER GT・GT300クラス <Rd.1>(TOMEI SPORTS #360 石松 Kosei RUNNUP PORSCHE)
    • SUPER GT・GT300クラス <Rd.6,8>(365 ThunderAsia Racing #365 365 サンダーアジア MT900M)
  • 2011年
    • マレーシアムルデカ耐久レース
    • マカオGTカップ 2位
    • ポルシェ・カレラカップ・アジア(PCCA)シリーズチャンピオン・1勝
  • 2012年
    • マレーシアムルデカ耐久レース 総合3位
    • ポルシェ・カレラカップ・アジア(PCCA)シリーズ2位
    • マカオGTカップ
    • SUPER GT・GT300クラス <Rd.5 スポット参戦>(JLOC #88 マネパ ランボルギーニ GT3) クラス3位入賞
  • 2013年
    • アジアン・ル・マン・シリーズ・GTCクラス <Rd.1,3,4>(クラフト・レーシング #7 アストンマーティン・ヴァンテージV12ヴァンテージ GT3) シリーズ6位
    • マカオGTカップ 22位
    • ポルシェ・カレラカップ・アジア(PCCA)シリーズ4位
    • ポルシェ・カレラカップ・アジア<マカオグランプリ サポートレース参戦> 決勝4位
  • 2014年
    • アジアン・ル・マン・シリーズ・GTクラス <Rd.3>(クリアウォーター・レーシング #33 フェラーリ・458イタリア GT3) シリーズ7位・1勝
    • GTアジア(クリアウォーター・レーシング #3 フェラーリ・458イタリア GT3) シリーズ3位・4勝
    • マレーシアムルデカ耐久レース 総合2位
    • マカオGTカップ 15位
    • ドバイ24時間レース・A6-Proクラス(Craft Racing AMR #17 アストンマーティン・ヴァンテージV12ヴァンテージ GT3) 総合12位
  • 2015年
    • GTアジア(Bentley Team Absolute #8 Bentley Continental GT3) シリーズ2位・2勝
    • マカオGTカップ
    • ドバイ24時間レース・997クラス(Black Falcon 4 #26 Porsche 911 GT3 Cup 991)クラス優勝
  • 2016年
    • ル・マン24時間レース・LMGTE Amクラス(クリアウォーター・レーシング #61 フェラーリ・458イタリア GT2) 総合30位・クラス4位
    • アジアン・ル・マン・シリーズ・GTクラス(クリアウォーター・レーシング #3 マクラーレン・650S GT3)シリーズチャンピオン・2勝
    • GTアジア <Rd.1,3-6>(Bentley Team Absolute #8 Bentley Continental GT3) シリーズ7位・3勝
  • 2017年
    • FIA世界耐久選手権・LMGTE Amクラス(クリアウォーター・レーシング #61 フェラーリ・488 GTE) シリーズ3位・1勝
    • アジアン・ル・マン・シリーズ・GTクラス(クリアウォーター・レーシング #61 フェラーリ・488 GT3) シリーズ5位
  • 2018年 - FIA世界耐久選手権・LMGTE Amクラス(クリアウォーター・レーシング #61 フェラーリ・488 GTE)

FIA 世界耐久選手権

チーム使用車両クラス123456789ランクポイント
2016年フランス語版フェラーリ・458イタリア GT2LMGTE AmSILSPALMS
4
NÜRMEXCOAFUJSHABHRNC0
2017年フェラーリ・488 GTESIL
1
SPA
3
LMS
1
NÜR
4
MEX
5
COA
2
FUJ
2
SHA
4
BHR
2
2位179
2018-19年SPA
3
LMS
4
SIL
5
FSW
6
SHA
7
SEB
SPA
LMS
10位57

ル・マン24時間レース

チームコ・ドライバー車両クラス周回数順位クラス順位
2016年シンガポールの旗 フランス語版マレーシアの旗
イギリスの旗
フェラーリ・458 イタリア GTLMGTE
Am
32930位4位
マレーシアの旗 ウェン・スン・モク
インドの旗
フェラーリ・488 GTELMGTE
Am
32931位5位
インドの旗 マット・グリフィン
マレーシアの旗 ウェン・スン・モク
LMGTE
Am
33235位8位

全日本GT選手権/SUPER GT

チーム使用車両クラス123456789順位ポイント
2000年オークラロータリーレーシングマツダ・RX-7GT300TRMFSWSUGFSW
DNR
TAI
DNR
MIN
DNR
SUZNC0
2002年トヨタ・MR-SGT300TAI
14
FSW
2
SUG
Ret
SEPFSW
Ret
TRM
10
MIN
13
SUZ
6
15位24
2003年GT300TAI
4
FSW
7
SUG
Ret
FSW
18
2位72
トヨタ・セリカFSW
Ret
TRM
1
AUT
1
SUZ
3
2004年ポルシェ・911 GT3GT300TAISUG
15
SEPTOKTRM
9
AUTSUZ
17
20位2
2005年GT300OKA
Ret
FSW
16
SEP
Ret
SUGTRMFSWAUTSUZNC0
2006年TOYOTA TEAM CERUMOトヨタ・セリカGT300SUZOKAFSWSEPSUGSUZ
1
TRMAUTFSW14位31
2007年ヴィーマック・320RGT300SUZOKAFSWSEPSUGSUZ
Ret
TRMAUTFSWNC0
2008年TEAM TAISAN with NISHIZAWAポルシェ・911 GT3RSGT300SUZOKAFSWSEPSUGSUZ
5
TRMAUTFSW27位7
2009年ポルシェ・911 GT3RSRGT300OKASUZFSWSEPSUGSUZFSWAUT
14
TRM
12
NC0
2010年TOMEI SPORTSGT300SUZ
DNQ
OKAFSWSEPSUGNC0
SUZ
14
FSWTRM
DNR
2012年JLOCランボルギーニ・ガヤルド LP600+ GT3GT300OKAFSWSEPSUGSUZ
3
FSWAUTTRMNC0

出典

[脚注の使い方]

関連項目

外部リンク


 

Back to Top
Close