ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

✈|JAL、台湾気分を味わえる遊覧フライト ビジネスクラスは一部完売


写真 遊覧フライトで使用予定のボーイング767-300型機イメージ(YASKYさん撮影)

JAL、台湾気分を味わえる遊覧フライト ビジネスクラスは一部完売

 
内容をざっくり書くと
この企画には台湾観光局も協力しています。
 

日本航空(JAL)と旅行会社のJTBがコラボした国内遊覧特別チャーターフライトが2021年6月5日(… →このまま続きを読む

 FlyTeam

「FlyTeam(フライチーム )」では、航空会社、空港、ミリタリーなど、航空ファン・飛行機利用者に向けた航空関連ニュースを提供しています。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

交通部観光局

交通部観光局(略称観光局または台湾観光局[2]繁体字中国語: 觀光局英語: Tourism Bureau, MOTC)は中華民国台湾交通部傘下の観光業務を執り仕切る最高機関。観光旅行関連の事業計画策定、管理・許認可のほか、台湾観光の広報業務を行っている。また台湾各地の中国語版の主管機関

業務

  • 中国語版の主催
  • 台湾の観光コンテンツ広報
  • 空港や主要駅でのトラベルセンター(旅客服務中心)の運営、無料Wi-fi「iTaiwan」の提供
  • 交通部公路総局主管の公路客運(定期路線バス)ではカバーできない各観光拠点と主要駅を結ぶ観光路線バス網「中国語版」の主管(運行は民間事業者に委託)
  • 国家風景区の運営、管理

沿革

  • 1960年9月 - 行政院により交通部が傘下に小部会レベルの観光事業小組を設置。
  • 1966年10月 - 交通部観光事業委員会に改称。
  • 1971年6月24日 - 台湾省観光事業管理局と統合し前身の「交通部観光事業局」が発足。
  • 1972年12月29日 - 蔣介石の総統令《交通部観光局組織条例》により改名が決定。
  • 1973年3月1日 - 「交通部観光局」に再改称。
  • 1985年3月 - 台湾省政府交通処の観光部(觀光組)を拡大した「台湾省政府交通処旅遊事業管理局」が設立される。
  • 1999年7月 - 虚省化政策により台湾省政府交通処旅遊事業管理局(当時は現台中市霧峰区に所在)を観光局に併合し、「交通部観光局霧峰弁公室」に改称。
  • 2001年6月20日 - 総統令公布修正《交通部観光局組織条例》により、観光局に国民旅遊部増設と、霧峰弁公室の人員異動による弁公室廃止が決定。行政院が同年8月1日に施行。
  • 2002年 - 日本向け台湾観光キャンペーンのマスコットキャラクターに「茶さん(茶 壱福)」を起用。
  • 2010年 - 「台湾好行(台湾トリップ)」の運行を開始
  • 2013年12月 - 観光局の新たなマスコットオーベア(喔熊、オーション、Oh-Bear)」が登場。

ロゴの変遷

イメージキャラクター、親善大使

日本

CMイメージキャラクター

毎年秋に交代する。

台湾観光親善大使(アンバサダー)[11]

歴代局長

姓名就任時期退任時期
交通部観光局 局長
11971年6月1975年9月
2朱国勳(朱國勳)1975年9月1980年3月
31980年4月1988年3月
4毛治国1989年1月1991年9月
51991年9月1997年8月
6張学労(張學勞)1997年10月2002年7月
7中国語版2002年8月2005年4月
8(賴瑟珍)2006年11月2012年4月
92012年4月2016年9月
10周永暉2016年9月19日現職

組織

  • 局長
    • 副局長(2名)
      • 主任秘書

内部部局

  • 計画部(企劃組)
  • 業務部(業務組)
  • 技術部(技術組)
  • 国際部(國際組)
  • 国民旅遊部(國民旅遊組)
  • 旅宿部(旅宿組)
  • 広報室(公關室)
  • 通信部(資訊室)
  • 秘書室(祕書室)
  • 人事室
  • 公務倫理室(政風室)
  • 主計室

付属機関

台湾の観光管理体系

行政単位

(中央政府)

  • 行政院観光発展推動委員会
    • 交通部観光局

(地方政府)

  • 各県市政府観光旅遊局処(名称は統一されていない)
公共観光地管理組織

関連項目

出典

文献

外部リンク

  • 観光路線バス台湾トリップ (日本語)(英語)(繁体字中国語)(朝鮮語)



 

Back to Top
Close