ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🚗|ジープ ラングラー、「アイランダー」を10年ぶりに復活 常夏のビーチをイメージ


写真 ジープ ラングラー アンリミテッド アイランダー

ジープ ラングラー、「アイランダー」を10年ぶりに復活 常夏のビーチをイメージ

 
内容をざっくり書くと
LEDヘッドライトやフォグランプ、ブラインドスポットモニター、後退時に側方からの車両の接近を検知するリアクロスパスディテクション、車庫入れをサポートするパークセンスフロントパークアシストなど、安全機能も充実している。
 

FCAジャパンは、ジープ『ラングラー アンリミテッド』(Jeep Wrangler Unlimite… →このまま続きを読む

 レスポンス


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

パークセンスフロントパークアシスト

安全機能

安全機能(あんぜんきのう、: safety function)とは、「アイテム危害抑制を目的として行う機能」[1]である。似た用語として、安全関連機能がある。

安全機能と安全関連機能の違い

機械類の安全規格であるISO 12100やISO 13849-1では、安全機能は「故障がリスクの増加につながるような機械の機能」と定義されており、安全機能と安全関連機能が類義語として使われている。

E/E/PE系の機能安全規格であるIEC 61508では「E/E/PE安全関連系又は他リスク軽減措置によって遂行される機能。この機能は、特定の危険事象に関して、EUC に関わる安全な状態を達成又は保持する」と用語定義されている。安全関連機能は用語定義されていないが、IEC 61508の規格書の文中で「安全機能との独立性を証明できない安全以外の機能を含むもの」であることがわかるため、安全機能と安全関連機能は類義語ではない。

自動車の機能安全規格 ISO 26262では、安全機能という用語は定義されていない。安全関連機能と安全機構(安全メカニズム)は用語定義されている。安全 関連機能とは「安全目標の侵害に繋がる可能性がある機能」、安全機構とは「安全状態の達成又は維持を目的とし、フォールトの検出、又は故障の抑制のために、E/E機能、エレメント又はアザーテクノロジーにより実装される技術的な解決策」としている。

安全機能の例

IEC 61508のJIS版JIS C 0508:2014の付録(解説)[2]では、「プリクラッシュシステム(衝突予防機構)は車両が障害物と衝突する危険事象を回避するために、自動車に搭載したレーダ、カメラなどからの情報をコンピュータが分析して運転手に警告し、さらにブレーキを作動させるという安全機能」、「エアバッグは車両衝突時に開となり、乗員がハンドルなどで強打するリスクを緩和する安全機能」と紹介されている。

一般財団法人 日本自動車研究所では、自動車の安全機能の例として「電気/電子システムに故障が発生してもフェールセーフすること」[3]が紹介されている。

ISO 13849-1では、典型的な機械の安全機能として、次の例が紹介されている。

安全機能/特性

  • 安全防護が開始する安全関連停止機能
  • 手動リセット機能
  • 起動/再起動機能
  • 局部制御機能
  • ミューティング機能
  • ホールドテュラン機能
  • イネーブル装置機能
  • 予期しない起動の防止
  • 閉じ込められた人の脱出及び救出
  • 隔離及びエネルギー放散機能
  • 制御モード及びモード選択
  • 制御システムの様々な安全関連部の間の相互作用
  • 安全関連入力値のパラメータ化の監視
  • 非常停止機能

安全機能/安全に関するパラメータ

  • 応答時間
  • 速度、温度又は圧力などの安全に関連するパラメータ
  • 動力源の変動、損失および復旧
  • 指示及び警告

ロボットの安全機能の例としては、「ロボットの先端を250cm/秒を超えないように制御すること」[4]が紹介されている。

脚注

  1. ^ 一般社団社団法人 電気情報通信学会 Fundamentals Review Vol.1, No.2 安全性研究会 解説論文
  2. ^ JIS C 0508-2:2014
  3. ^ http://www.jari.or.jp/tabid/112/Default.aspx
  4. ^ http://www.rtnet-biz.jp

参考文献

  • ISO 12100:2010
  • JIS B 9700:2013  機械類の安全性 ‐設計のための一般原則-
  • ISO 13849-1 機械類の安全性 ‐制御システムの安全関連部-

関連項目



 

Back to Top
Close