ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🚗|フェルスタッペン今季3勝目、レッドブルがW表彰台。ホンダは1991年以来の3連勝【決勝レポート…


写真 

フェルスタッペン今季3勝目、レッドブルがW表彰台。ホンダは1991年以来の3連勝【決勝レポート…

 
内容をざっくり書くと
フェルスタッペンは周回遅れに引っかかるハミルトンより2秒速いペースでメルセデスAMG勢を猛追する。
 

6月20日現地時間15時、2021年F1第7戦フランスGP決勝が行われ、レッドブル・ホンダのマックス… →このまま続きを読む

 AUTOSPORT web


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

速いペース

メルセデスAMG

メルセデスAMGMercedes-AMG 、メルセデス・エーエムジー[1])は、ドイツ自動車メーカーであるダイムラーが展開するスポーツ・レース系のブランドである。「究極のハイパフォーマンスを追求するモデル」と位置付けられている。

元は独立チューナーのAMGだったが、1999年にダイムラー・クライスラー(当時)に吸収され、さらに2014年からは「メルセデスAMG」としてダイムラーのスポーツカーブランドとして展開されている[2]

尚、本稿では、独立チューナー時代の「AMG」が関わった日本市場における三菱自動車への技術供与も記載する。

概要

1967年レース用自動車エンジンの設計会社として創業。創立者のハンス・ヴェルナー・アウフレヒト(Hans Werner Aufrecht)、エンジニアのエアハルト・メルヒャー(Erhard Melcher)、アウフレヒトの故郷であるグロース・アスパッハ(Großaspach) の頭文字を取ってAMGとした[3]

その後、1971年のスパ・フランコルシャン24時間レースでの300SEL6.8のクラス優勝によって、AMGの名が世に轟くこととなる。また、DTM(ドイツ・ツーリングカー選手権)では、1986年の参戦以来160のレースで勝利し、10のドライバーズタイトル、15のコンスタラクターズタイトルを獲得、DTM史上もっとも成功したチームとなっている。

F1には2012年に、MERCEDES AMG PETRONAS チームと、エンジン担当のMERCEDES AMG High Performance Powertrains が代表となって参加している。さらには、1996年以降、メディカルカーとセーフティカーを提供している。

ブラバスロリンザーなどと同様に、アフターマーケットにおいて主にメルセデス・ベンツの乗用車のチューニングを手掛けるようになった。1980年代半ばからは公式にメルセデス・ベンツへの部品供給が始まり、1993年には初の共同開発車C36を発売、1999年にはメルセデス・ベンツの一部門となった。現在はBMWMモデルアウディRSモデルなど同様、高性能エンジンを搭載したモデルを担当している他、スポーティな付加価値の付いた部品に冠されるブランドとなっている。

AMGモデルの開発は、メルセデス側が新車開発する初期の段階でAMG側に車両情報を送るところからスタートする。そのためメルセデスの新車公開とほぼ同時にAMGモデルを公開することができる。最近ではAMGモデル以外にも通常モデルのオプションとして、AMGのアルミホイールやエアロパーツが販売されている。また、メルセデス・ベンツにも「AMGスポーツパッケージ」、「AMGライン」と呼ばれるオプションがあり、AMGモデルを購入しなくとも、それに準じたエクステリアに仕上げることができるようになっている。

1980年代後半には三菱自動車工業ギャランデボネアのチューニング(ギャランAMG、デボネアAMG)を担当したことがある。

独立企業時代からモータースポーツに関わっており、現在はドイツツーリングカー選手権(DTM)での活躍がみられる。1996年からは、F1セーフティカーおよびメディカルカーを担当しているのは前述の通りである。

元来、大排気量のモデルが中心だったが、現在は2.0リットルエンジンを搭載した45系及び2019年より新型35系も展開している。本社工場はドイツのアファルターバッハ(Affalterbach )にある。

近年では “One man-one engine”の主義のもと、AMGファクトリーの熟練工(マイスター)が専任でエンジンを組み上げている。AMGのファクトリーで組み上げられたエンジンには、担当したマイスターのサインが描かれたプレートが特別に貼り付けられる。

当時AMGの輸入元だったAMGジャパン(ヤナセの子会社)が取り扱っていた頃は、モデル名の前にAMGの名前が入っていた(例:メルセデス・ベンツ・AMG C36)が、2000年10月にダイムラー・クライスラー日本(当時)に輸入権が譲渡されて以降は、モデル名の後にAMGの名前が入るかたち(例:メルセデス・ベンツ・C63 AMG)に順次移行していった。その後、サブブランドの「メルセデスAMG」が立ち上げられたのに際してモデル名の前に「メルセデスAMG」と入るかたち(例:メルセデスAMG C63)となった。

通常モデルとの違い

極めて強力なエンジンと強化された車体やサスペンションを持ち、サーキットなどスポーツ走行にも適合しており、通常モデルよりも強固でハードな乗り味の車に仕立てられていることがAMGモデルの特徴である。

かつてのAMGモデルは、ボディ同色のフロントグリルやホイール、低められた車高、そして大型エアロパーツなど威圧感を強調した外観が特徴だったが、メルセデスの傘下に入ってからは落ち着いたスタイリングとなっている。外観上の違いは、各モデル専用のアルミホイールやエアロパーツが装着され、リアエンド右上(順次左側に移行:後述)にAMGのエンブレムが付くほか、リアエンド左上(順次右側に移行:後述)には“C63、S65”というような数字2桁のエンブレムが付く。

AMG各モデルの名称方法は、過去1990年代前半までの車両では、グレードの後ろに増加した排気量や、AMGにおけるバージョン及びバルブの数を併記するという方法が取られていた(例 190E 3.2、400E S3、300CE 6.0-4V Wide Version : HAMMER、560SEC 6.0-2Vなど)が、1993年にメルセデス・ベンツ本社との共同開発車、C36が発売されて以降は、前述の数字2桁の表記方法に順次移行し、具体的なベースグレードの概念は現在はなくなっている。ただし、W202AMG C280R170SLK230 AMGは例外的に3桁の表示を採用しているが、これは、これらのモデルのエンジンに、AMGの手が加えられていないことによるものである。

また、ノーマル車の外観をAMG仕様に仕立てた後にAMGのエンブレムに付け替える行為(E350→E63など)は一般にと呼ばれている。雑誌VERYなどのコラムでこれらの行為が紹介されており、エンブレムチューン済のメルセデスがかなりの台数存在するのが実情である。なお正規のAMGモデルには、リアウインドウ左下、もしくは後部サイドウインドウに銀色のステッカー(複製防止のため、再使用不可のステッカーとなっている)が貼られている。

専用パーツとして強化ブレーキシステムやAMGスポーツサスペンション、チューンされたエンジン、4本マフラー、内装等が搭載される。加えて、一部の日本販売モデルにはAMGモデルをさらにチューンした「パフォーマンスパッケージ」が用意されている。なお、2006年よりAMGの各モデルをさらに強化した特別なモデルをブラックシリーズとして限定販売している。

内装やシートにも通常モデルと比べて高級な素材を使用することが多く、質感も向上している。AMGのロゴが入ったスピードメーターは300km/h以上刻まれているが、実際には一般の欧州車同様250km/hでスピードリミッターがかかる。ドイツ本国では有償オプション扱いでリミッターを外すことも可能だが、その場合は使用するタイヤをはじめとして、コンディションを厳格に維持することが求められる。日本においては、モデルによって追加オプションで最高速度の引き上げが可能となっている。

C36 AMG以降、トランクリッド右側に位置していたAMGエンブレムだが、「メルセデスAMG」のサブブランド立ち上げに際してAMG GTより左側に変更された[4]。以降、各モデルもフェイスリフトやモデルチェンジに併せて変更されると思われる。また、近年のモデルでは、フロントグリル内にもAMGエンブレムを配置させている。

AMGは創業以来から長らく、FRの車両のみにAMGモデルを発表し、SUV以外での4WDのAMGモデルや、FFのクラスにはAMGモデルは用意されてなかったが、2013年にEクラスがマイナーチェンジしたことに伴い、初めてセダン・ステーションワゴンタイプで4WDのAMGモデルであるE63 AMG 4MATICを発表した。また近年、FFベースの4WDであるA45/CLA45/GLA45 AMG 4MATICが発表され、さらに、旗艦モデルSクラスにもS63AMG 4MATICが追加発表されるなど、精力的に4WD車を展開している。

AMGスポーツ

AMGは2015年1月の北米国際オートショーにて新ラインナップであるAMGスポーツを発表した。AMGモデルほどのハードで強烈なパフォーマンスは必要ない一般ユーザー向けに開発されたモデルである[5]。AMGスポーツは、メルセデスベンツのオプショングレードであるAMGスポーツパッケージ/AMGラインとメルセデスAMGモデルの間に位置し、BMWのMパフォーマンスモデルやアウディのSモデルなどに対抗するものとみられる。強化された足回り、ベースモデルより出力を上げたエンジン、AMGスポーツ専用のエクステリアを装備し、車名の数字は3桁となる。

その後こちらもメルセデスAMGブランドとなりC450がメルセデスAMG・C43に、GLE450がメルセデスAMG・GLE43となったことでAMGスポーツは実質廃止となった。これによりリアのエンブレムは左に「AMG」エンブレム、右に車名エンブレムが冠されるようになった。

日本国内

2015年7月22日に「C450 AMG 4MATIC」「C450 AMG 4MATIC ステーションワゴン」の導入が発表、前日の7月21日より注文受付が開始された[6]

2016年4月27日に「メルセデスAMG GLE43 4MATIC」「メルセデスAMG GLE43 4MATIC クーペ」の導入が発表、前者は同日より[7]、後者は8月より注文受付が開始された[8]。 同年6月2日に「メルセデスAMG SLC43」の導入が発表され同日から注文受付が開始された。

2016年8月19日に「メルセデスAMG C43 4MATIC」「メルセデスAMG C43 4MATIC ステーションワゴン」の一部改良と共に「メルセデスAMG C43 4MATIC クーペ」が発表され注文受付が同日から、販売が9月から開始された。[9]

日本における展開

現行車種

現在日本で販売されている車種は下の通りである。欧州にはこれ以外のバージョンやディーゼルエンジン搭載のモデルも存在する。現在の主力は「63系」のエンジンであり、AMGモデルのほとんどを占めている。 基本的に同じ「系」に属す車種には同じエンジンが搭載されているが、出力の違いがある。また2014年に発表されたW205型メルセデスAMG C63、2016年に発表されたW213型メルセデスAMG E63では4.0リットル・ツインターボエンジンを搭載しているなど排気量と一致しなくなってきている。

車種ステアリング駆動方式排気量・エンジンエンジン型式最高出力/最大トルク現行ベース車両
63系
C63左・右FR4.0リットル・V型8気筒DOHCツインターボM177476ps/66.3kgf-mCクラス W205型/S205型/C205型/A205型
C63 ステーションワゴン
C63 クーペ左・右
C63 S510ps/71.4kgf-m
C63 S ステーションワゴン
C63 S クーペ左・右
C63 S カブリオレ
E63 S 4MATIC+4WD612ps/86.7kgf-mEクラス W213型/S213型
E63 S 4MATIC+ ステーションワゴン
S63 4MATIC+ クーペ
S63 4MATIC+ カブリオレ
612ps/91.8kgf-mSクラスクーペ C217型/R217型
GT63 S 4MATIC+639ps/91.8kgf-mベース車両は存在せず
GLC63 S 4MATIC+
GLC63 S 4MATIC+ クーペ
510ps/71.4kgf-mGLCクラス X253型/C253型
GLE63 S 4MATIC+左・右612ps/86.7kgf-mGLEクラス W167型/C167型
GLE63 S 4MATIC+ クーペ
GLS63 4MATIC+GLSクラス X167型
G63左・右585ps/86.7kgf-mGクラス W463型
53系
E53 4MATIC+左・右4WD3.0リットル・直列6気筒DOHCターボM256435ps/53.0kgf-mEクラスW213型/S213型/C213型/A213型
E53 4MATIC+ ステーションワゴン
E53 4MATIC+ クーペ左・右
E53 4MATIC+ カブリオレ
CLS53 4MATIC+左・右CLSクラス C257型
GT53 4MATIC+ベース車両は存在せず
GLE53 4MATIC+
GLE53 4MATIC+ クーペ
GLEクラス W167型/C167型
45系
A45 S 4MATIC+4WD2.0リットル・直列4気筒DOHC直噴ターボM139421ps/51.0kgf-mAクラス W177型
CLA45 S 4MATIC+
CLA45 S 4MATIC+ シューティングブレイク
CLAクラス C118型/X118型
GLA45 S 4MATIC+GLAクラス H247型
43系[10]
C43 4MATIC
C43 4MATIC ステーションワゴン[11]
C43 4MATIC クーペ
C43 4MATIC カブリオレ
左・右4WD3.0リットル・V型6気筒ツインターボM276M30390ps/53.0kgf-mCクラス W205型/S205型/C205型/A205型
GT43 4MATIC+3.0リットル・直列6気筒DOHCターボM256367ps/51.0kgf-mベース車両は存在せず
SLC43FR3.0リットル・V型6気筒ツインターボM276M30390ps/53.0kgf-mSLCクラス R172型
GLC43 4MATIC
GLC43 4MATIC クーペ
4WDGLCクラス X253型/C253型
35系
A35 4MATIC
A35 4MATIC セダン
4WD2.0リットル・直列4気筒ターボM260306ps/40.8kgf-mAクラス W177型/V177型
CLA35 4MATIC
CLA35 4MATIC シューティングブレイク
CLAクラス C118型/X118型
GLA35 4MATICGLAクラス H247型
GLB35 4MATICGLBクラス X247型
GT
GT
GT ロードスター
左・右FR4.0リットル・V型8気筒ツインターボM178530ps/68.3kgf-mベース車両はなし
GT C
GT C ロードスター
557ps/69.3kgf-m
GT R585ps/71.4kgf-m
ハイパーカー
One[12]ミッドエンジン4WD1.6リットル・V型6気筒ハイブリッドツインターボPU106C Hybrid986hpベース車両はなし

販売拠点

AMG各車種は、メルセデス・ベンツの正規販売店で購入することができる。その中でも「AMGパフォーマンスセンター」が増設される販売店もあり、そこではAMGの専門知識を持つ担当者が在籍し顧客サポートをするとメーカーはアピールしている[13]

さらに2017年1月13日には、メルセデスAMG専売拠点として「AMG 東京世田谷」がオープンした。メルセデスAMGのみを専門に販売する正規販売拠点はそれまで存在せず、日本が世界初である[14]

三菱自動車への技術供与

独立チューナー時代には、三菱自動車業務提携し、カタログモデルとしてAMGグレードを販売していた。

脚注

  1. ^ 日本ではしばしば「アーマーゲー」と誤読されるが、メーカーでは英語読みを指定しており、もしドイツ語読みするとしても「アーエムゲー」である。日本で誤読されるようになった諸説のひとつが、漫画「シャコタン☆ブギ」で AMG 560SEC 6.0-4V が登場し、登場人物が「アーマーゲー」と呼んだことが広まったとするもの。
  2. ^ なお、同時期にマイバッハメルセデス・マイバッハMercedes-Maybach )としてサブブランド化されており、こちらは対照的に「究極のエクスクルーシブ」と銘打たれている。
  3. ^ AMG Official Website はじまり
  4. ^ メルセデス・マイバッハの車種でも同様のことがいえるほか、DTM車両でも2015年より同様の処理がなされている
  5. ^ 【デトロイトモーターショー15】メルセデス-AMG 、新型 Cクラス の「AMGスポーツ」を予告
  6. ^ AMGスポーツモデル「メルセデス・ベンツ C450 AMG 4MATIC」を発表”. オートックワン (2015年7月22日). 2015年7月22日閲覧。
  7. ^ メルセデス GLE、最高出力367psのAMG 43モデルを設定…1150万円”. carview! (2016年4月27日). 2016年4月27日閲覧。
  8. ^ メルセデスベンツ GLEクーペ、注文受付を開始…890万円より”. carview! (2016年4月27日). 2016年4月27日閲覧。
  9. ^ メルセデスAMG C43、全モデルに9速ATを採用…クーペも追加”. carview! (2016年8月19日). 2016年8月20日閲覧。
  10. ^ 2016年4月27日以前は「AMGスポーツ」
  11. ^ 2016年4月27日以前はそれぞれ「C450 AMG 4MATIC」「C450 AMG 4MATICステーションワゴン」
  12. ^ メルセデスベンツ初のハイパーカー、市販モデルの車名が決定 メルセデスAMG『ワン』 Response
  13. ^ AMGパフォーマンスセンター
  14. ^ 「世界初のメルセデスAMG 専売拠点「AMG 東京世田谷」をオープン (PDF) - メルセデス・ベンツ日本株式会社 プレスリリース 2017年1月13日

関連項目

外部リンク


 

Back to Top
Close