ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🚗|スズキとダイハツ トヨタ商用車に参画 「ラストワンマイル」軽で担う 電動化・安全技術の普及拡大も


写真 スズキとダイハツがトヨタなどの商用車連合に加わる(左から豊田氏、奥平氏、鈴木氏、中嶋氏)

スズキとダイハツ トヨタ商用車に参画 「ラストワンマイル」軽で担う 電動化・安全技術の普及拡大も

 
内容をざっくり書くと
最寄りの物流拠点から顧客先まで「ラストワンマイル」の配送を担う軽商用車と、トラックによる幹線物流をコネクティッド技術で効率化する。
 

スズキとダイハツ工業は21日、トヨタ自動車といすゞ自動車、日野自動車の商用車事業に参画すると発表した… →このまま続きを読む

 中部経済新聞社

★「ものづくり王国」中部地方の情報を全国・全世界に発信

中部経済新聞の創刊は1946年(昭和21年)で70年を超える実績があり、長年にわたる信頼を得てきました。
「日本新聞協会」に加盟する新聞社の中で唯一の『地域経済紙』として、中部地方のトヨタ自動車を
はじめとした大手企業から中小企業まで細かく取材活動を行っています。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

幹線物流

ラストワンマイル

ラストワンマイル英語: Last one mile)は、元々は通信業界に用いられていた用語で「生活者や企業に対し、通信接続を提供する最後の区間」を意味していたが、現在は、物流交通業界において多く用いられ、「顧客にモノ・サービスが到達する最後の接点」を指す[1][2][3]


通信業界のラストワンマイルの概要

最初は通信会社やケーブルテレビ業界で使われる用語だったが、雑誌やウェブサイト上で紹介されたために一般のユーザーにも定着するようになった。なお、ヤード・ポンド法を使わない地域では「ラストキロメートル」が使われる場合もあるが、日本においては計量法の規定によりメートル法の「メートル」を使用しているにも関わらず、「ラストワンマイル」の方が定着している。また「ラストワンマイル」はあくまで通信事業者側から見た場合の言葉であり、ユーザから見た場合には自分の建物の直近こそが身近な存在であることから、ファーストワンマイルという言葉が使われることもある。

通信事業者にとって、幹線を延伸拡充することに比してそれらを利用者(利用場所)まで分岐敷設することは多大な原価資源を要する。これまでこの問題は典型的な「最も高価な挑戦」と見なされてきた。なぜならば、扇状に広がるケーブルを敷設・接続・維持する煩雑な工事・保守が必要になるためである(有線によるラストワンマイル)。特に、見込み利用地域において先行投資を要することがこの問題をクローズアップした。この原価・資源を要する問題を指す用語として「サービスが顧客に到達するための最後の区間」という意味で「ラストワンマイル」という名前が付いた。由来は加入者局から顧客の建物までの距離が平均的に約1マイル(=約1.6km)であることによる。

ブロードバンドインターネット接続が一般に普及する以前は、もっぱら電話線によるダイアルアップ接続がラストワンマイルの役割を受け持っており、通信事業者にとって追加原価が低いため問題として表面化しなかった。ブロードバンドインターネット接続におけるラストワンマイル拡充・獲得の営業施策として、通信企業各社は後述の通り顧客にいくつかの選択肢を用意した。これが活性化し、顧客獲得競争および価格競争につながった。

有線によるラストワンマイル

有線によるラストワンマイル(電話線ケーブルテレビ光ファイバー)では、工事が必要となる事例もあるが、一度開通してしまえば、途切れることなく安定した速度で通信ができるようになるというメリットがある。その代わり、宅内にルータを置き配線するか、宅内で無線LAN環境を整えるか、どちらかが必要となる。

無線によるラストワンマイル

また、有線によるラストワンマイルについては、常に工事が可能であるとも限らず、立地条件や建物の問題、美観保持の問題などでケーブルを宅内に引き込めないケースも多々ある。

この難問を解決するために、いくつかの会社はネットワークを混在させている。例としては、顧客への直接配線の工程をなくすために、住宅・オフィスの近くまでは電柱などを利用してケーブルを敷設し、顧客との接続は無線によって行うというものである(詳しくは無線アクセスを参照のこと)。無線インターネットは顧客、特にライトユーザーに、ケーブルによるネットワークを、過去の遺物のように見せた。

無線インターネットは、物理的工事が最小限で済み、顧客にとっても煩わしいケーブルが一本減るというメリットがある。その代わり、近隣の環境によっては通信速度が著しく落ちる、不安定になる、または途切れる・通信できないということがある。さらに、セキュリティの点に心配が残る。これらのデメリットは、いずれ技術の進展が解決するであろうが、通信の安定性に関しては有線通信に分がある。

日本の状況

ADSLは、電話線をそのままネットワーク接続線として使え、固定電話としての機能も残しておけるため、加入者回線さえあれば、ラストワンマイル問題を手早く解決する一つの手段として有効であった。日本においては東京めたりっく通信が先鞭を付けた。その後、ソフトバンクBBを端緒としてNTTをはじめ各社を巻き込んだ値引き商戦が始まり、一気に普及を遂げた。しかしながら、この方式は減衰の影響で、加入者局からある程度(線路長で4〜5km、直線距離で1.5〜2km程度)離れると通信速度が極端に落ちてしまう。インフラの問題から、過疎地では使用できないというのも問題である。

CATV(ケーブルテレビ)は、ADSLよりも一般的に高速な通信ができる場合が多いが、サービスインの時期、料金、サービス地域は各社バラバラである。たいていの場合は、インターネット接続は別料金となり、ケーブルモデムが必要となる。デジタル化ケーブルテレビと対応セットトップボックスの登場で、状況はまた変わってくるであろうが、基本的には同軸ケーブルを使った通信が多い。

FTTHは有線ブロードネットワークス(現・USEN)が先鞭を付けた。ケーブルの引き込みが必要だが、一般的な一戸建て住宅であれば、クーラーのダクトに小さな穴を空ける程度の工事で済む。また、ルータなどの間に光と電気信号の変換を行うメディアコンバーターが必要となるが、IP電話も安く利用できるため、オンラインゲームや動画配信など帯域を大幅に占有するアプリケーションないしコンテンツを愛用しているユーザーには魅力的な回線となる。自宅にサーバを設置したい場合、上り下りの通信速度がシンメトリック(対称)である点は相当な魅力となる[4]。メディアコンバーターは電源が必要であり、停電の際は電話まで使用不能となってしまう[5]

マンションにおいては、いわゆるマンションインターネットとして、管理人室等にルータを設置し、その先はハブで各戸に分配するという方式もとられる。ただし、プロバイダの乗り換えの自由が利かない、別回線を引くために管理組合での決議を要する、などの問題も散見される。また、HomePNAVDSLを使って各戸に分配する方法もある。この場合、既存の電話回線を使うため新たに導入するのも容易である。現在の主流はVDSLである。

PHSの電波が届く地域であれば、定額プランを利用し、料金定額制により接続できるものがウィルコム(旧DDIポケット)からサービスされている。これらはモバイル用途を見込んだサービスであるが、これを自宅用回線として使っているユーザもいる。しかし、どちらも安いプランでは通信速度は遅く(一般的には32〜64Kbps程度[6])、高速な通信も可能ではあるものの月額料金が高価になる、というデメリットがある。

2006年以降には第3.5世代第3.9世代携帯電話という形で携帯電話もインフラが強化され、モバイルデータ通信定額制を行っている事業者もある。特に、第3.9世代では規格上、固定回線に比較しうる数十Mbpsの最高速度となっている。

東京電力・ソフトバンク・マイクロソフトの3社による「スピードネット」は、当初ワイヤレスインターネット接続サービスを行っていたが、本格的な普及には至らず、新規加入は停止されている。東京電力はその後FTTH路線に転換し、従来パワードコムなどを通じて企業向けに提供していた光ファイバのインフラを家庭向けに転用することでTEPCOひかりを提供している。

ライブドア山手線内の80%をカバーするワイヤレス接続サービスを提供している。

放送系のラストワンマイル

有線放送系のラストワンマイルについては、ケーブルテレビの名の通り、長らくは同軸ケーブルがその役割を担って来た。日本では1998年頃から、光同軸ハイブリッド伝送(HFC)に置き換えが進んだ。まだHFCによりブロードバンドインターネット接続の同時提供も実現された。2005年頃から、光ケーブルによる光放送が開始され、今後は既存の同軸によるCATV事業者においても、光回線(FTTH/FTTx)への置き換えが進むと見られる。

通信関連項目

物流業界におけるラストワンマイルの概要

近年の物流業界の課題は、この「ラストワンマイル」問題に集中している[1]

配達需要の増加、

どういうことかと言うと、物流業界では以前から工場からの発送も自動化が推進され、倉庫もロボットなどによる自動化が推進されてきた[1]自動倉庫)。ところが、配送物を各顧客に届ける最終接点(ラストワンマイル)は今でも配送員の人力だのみの状況が続いているのである[1][2]

オンラインショッピングを使うことが当たり前になり、世の中の配送物の個数が非常に増加したのだが、おまけに、昔の宅配便受け取り者とは異なり、近年のオンラインショップ利用者は、自分にとって都合の良い時刻に、望みの方法で配達して欲しいと願っている[1]。翌日配達や当日配送というサービスも設定され、それを望む利用者もでてきた[3][2]。ただでさえ荷物の個数が増えたうえに細やかなサービスを提供するとなると以前よりも大量の配達員が必要になってしまうが、その必要に応えるためのドライバーは不足しており、高齢化も起きており、労働環境が悪化してしまう状況になっている[1]。ただでさえ日本では労働に従事できる年齢の人口は減少しているのに、近年では物流業界の労働環境が悪化している、という状況になると、物流業界に就職・転職する人がますます減ってしまう。[3](人員不足の悪循環)

荷物を届けようとしても、受取人が不在で配達できない状況、再配達しなければならない確率も上昇しており、その率はおよそ平均20%、平均5件に1件の割合となってしまっている[2]。再配達が増えると、再配達に人員を充てなければならずそれが人員不足に拍車をかける結果を生んでいる[2]。再配達の発生のせいで配達の効率が下がってしまっている[3]、とも言える。 そしてそららの問題を解決しようと配達員を多めに動員すればするほど人件費(配達員たちに支払う給料の総額)が膨張し、運送会社のは悪化してしまっている[2]。忙しいのにあまり儲からない状態に陥ってしまっているのである。別の角度で言うと、宅配業者に支払われる配送料金の設定が、その業務負荷や潜在的コストに見合ったものになっていない、とも言える[3]

課題解決のための手法

ラストワンマイルの課題を解決するために、推進されたり検討されている手法には下記のようなものがある[1]

  • 宅配ボックスの普及の推進[1]
  • コンビニエンスストアや駅などで荷物を受取とれるサービスの導入[1]
  • 荷物受取のためのロッカー設置の推進[1](マンション、アパートなどの共同スペース、駅構内など)
  • 配達ドローンの実験[1]


交通業界におけるラストワンマイルの概要

交通業界において注目されているラストワンマイルは、たとえば下記のようなものである。

  • 過疎地における移動手段の確保や高齢者の運転問題
  • 都市部の渋滞削減などの解決法としてモビリティ・アズ・ア・サービス(Mobility as a Service、移動のサービス化)という概念で移動手段を捉え、移動方法を変える[1](乗り物というモノを購入してしまうのではなく、移動というサービスをもっと便利に利用できるようにする)。

脚注

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m [1]
  2. ^ a b c d e f KANTSU ラストワンマイルとは
  3. ^ a b c d e 大和物流、ラストワンマイル
  4. ^ ただしNTTのBフレッツ等、FTTHでも上り・下りの速度が非対称なサービスも存在する
  5. ^ UPSを利用すると良い
  6. ^ ただしウィルコムではW-OAMによる高度化PHSも開始された

 

Back to Top
Close