ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

✈|ブルーインパルス、きょう5色カラースモークで青空にオリンピックシンボル描く


写真 予行時のブルーインパルス

ブルーインパルス、きょう5色カラースモークで青空にオリンピックシンボル描く

 
内容をざっくり書くと
なお、国立競技場「オリンピックスタジアム」周辺は交通規制が敷かれています。
 

航空自衛隊の第4航空団第11飛行隊「ブルーインパルス」は2021年7月23日(金)、「東京2020オ… →このまま続きを読む

 FlyTeam

「FlyTeam(フライチーム )」では、航空会社、空港、ミリタリーなど、航空ファン・飛行機利用者に向けた航空関連ニュースを提供しています。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

交通規制

交通規制(こうつうきせい)とは、ある道路の一定の区間について、災害交通事故の発生などの危険がある場合に、その道路の通行を禁止したり、通行速度、通行重量、通行高さなどの制限を行うこと。通行規制とも言う。

これは道路法上の道路管理者による道路の交通規制の定義とほぼ符丁する。

いっぽうで、公安委員会都道府県警察)や警察署長、現場の警察官等による「交通規制」とは、道路交通法上の定義として「道路における危険を防止し、その他交通の安全と円滑を図り、又は交通公害その他の道路の交通に起因する障害を防止するため必要があると認めるときに、信号機又は道路標識等を設置し、及び管理して、交通整理歩行者又は車両等の通行の禁止その他の道路における交通の規制」(同法4条、主旨)を言う。

規制の種類

交通規制の目的は主に、災害や事故による危険の防止と安全確保、渋滞等の少ない円滑な交通の確保、大気汚染・騒音・振動などの交通公害の防止の3種類に分けられる。特に異常気象により災害発生のおそれがある場合は、降雨量・風速・波高などの規制基準を定め、基準値に達した場合は区間を決めて通行規制を行うため、異常気象時事前通行規制区間と呼ばれる。

異常気象時通行規制

  • 降水量規制 : 連続雨量規制、時間雨量規制の2種類がある。前者は降り始めからの連続降水量が、後者はある一定時間の降水量が基準値に達したときに規制が発動される。
    • 事例:国道33号 高知県吾川郡仁淀川町森山字オオヂミ - 愛媛県上浮穴郡久万高原町柳井川 延長12.9km  連続雨量250mmで通行止め[1]
  • 積雪・凍結規制 : 積雪量、気温、道路の凍結状況などから、速度制限やチェーン規制、タイヤ規制、通行止め、片側通行などを実施する。地域によって凍結対策に差があることから、基準値にも大きな差がある。
  • 超波規制 : 波の高さや道路への影響により通行規制を実施するものであり、主に冬季の波浪によるものが多く日本海沿岸の道路沿いに多い。
    • 事例:国道336号 幌泉郡えりも町庶野 - 幌泉郡えりも町上目黒 延長8.2km[2]
  • 風速規制 : 風の強さにより通行規制を実施するものであり、台風時等に多い。
  • 視程規制 : 視認できる距離により通行規制を実施するものであり、霧のでる箇所に多い。

車両通行規制

  • 高さ規制 : トンネルなどの安全を確保するために通行車両および積荷の高さを規制するものである。
  • 幅規制 : 狭隘道路などの安全を確保するために通行車両および積荷の幅を規制するものである。
  • 重量規制 : 橋の安全などを確保するために通行車両および積荷の重さを規制するものである。
    • 2008年4月時点で、老朽化などにより崩落の危険性があるとして通行止めの橋が121橋あったことが国土交通省の調べで分かった。通行止めには至らなかったが、通行車両の重量を制限した橋も680橋あった[3]
  • 掲載物規制 : 関越トンネルなどの長大トンネルや、距離は短くても水底を通るトンネルは、危険物掲載車両の通行が制限されている。

工事時規制

  • 道路工事や作業、道路周辺の工事に伴う規制。

通行帯規制

  • 時間帯や車種により通行できる通行帯を規制しているもの。
    • 事例:国道43号夜間の走行車線規制、騒音対策として平成10年4月から3車線のうち内側を大型貨物自動車等が通行することになった。

規制の方法

事前通行規制区間

概要

  • 過去の災害等の発生状況により一定の区間で気象条件等を決めて通行規制を実施するものであり、飛騨川バス転落事故を契機に道路管理者が区間や規制基準を設定している。

規制方法

  • 常設型 : 規制するゲートを設けており、規制時には担当者が現地でゲートを閉めて現地に常駐して規制を実施。

規制基準

  • 吹雪の場合
    • 事例:降雪時に概ね風速12 m/秒で吹雪により視界が阻害され道路交通が不能になる事態が予想される場合
    • 区間:国道49号郡山市熱海町大字中山字西樋ノ下 - 耶麻郡猪苗代町大字山潟字上戸前
  • 雨量の場合
    • 事例:連続降雨が150 mmを超えた場合
    • 区間:国道162号 南丹市美山町深見 - 京都市境(深見峠) 1.5 km
    • 事例:時間降雨が25 mmを超えた場合
    • 区間:長野県美ヶ原公園沖線 上田市武石武石峠から上本入字巣栗まで
  • 風速の場合
    • 事例:10分間の平均風速が25 m以上が予想される場合
    • 区間:瀬戸大橋

期間通行規制区間

概要

  • 一定の期間及び区間を決めて車両等の通行を規制するものである。主に冬季通行止区間が知られている。
  • 冬季通行止事例
    • 区間:美ヶ原公園東餅屋線(ビーナスライン)
    • 期間:平成19年11月30日(金曜日)11時から平成20年4月18日(金曜日)15時まで

通行規制に関する話題・議論等

脚注

  1. ^ 大雨による事前通行規制”. 土佐国道事務所HP. 2012年9月29日閲覧。
  2. ^ 特殊通行規制区間No.14”. 北海道地区道路情報HP. 2012年9月29日閲覧。
  3. ^ 西日本新聞2009.11.4

出典

  • 警察庁 交通規制課

関連項目

外部リンク

オリンピック・スタジアム

オリンピック・スタジアムOlympic Stadium)は、主に近代オリンピックのメインスタジアムに使われた競技場。開催後も名称の一部としてオリンピックスタジアムと呼ばれる競技場も多い。聖火台が置かれ、開会式閉会式のほか、陸上競技サッカーの決勝戦などにも用いられる場合がある。IOCの基準では、開閉会式や陸上競技などを行う会場(メインスタジアム)は、夏季五輪で「6万席」が最低基準になっているという[1][2][3][4][5]

既存施設を五輪用に改修したり[6]、一部の観客席を仮設としておき、五輪終了後に規模を縮小したり[7] するパターンもある。近年の大会のメインスタジアムは屋根付きが増えているが、2012年ロンドンオリンピックオリンピック・スタジアムは、座席全体のうち前方の約40%が屋根に覆われていない構造だったともいわれる[8]。開閉式屋根を断念した例では、1976年モントリオールオリンピックモントリオール・オリンピック・スタジアムや、2008年北京オリンピック北京国家体育場(コスト削減や安全面への配慮で中止)、2020年東京オリンピック東京オリンピックスタジアム(主として費用ヘの懸念のため)[9]などがある[10]

総工費は、1996年・アトランタが約300億円[11]、2000年・シドニーが約510億円[12]、2008年・北京が約540億円[12]、2012年・ロンドンが約610億円[12][13]、2016年・リオが約550億円[14] で、2020年・東京は1490億円を予定。

2016年・リオのエスタジオ・ド・マラカナンは、サッカー専用競技場がメインスタジアムに使われる例では五輪初とされる。

主なスタジアム

夏季および冬季会場

開閉会式会場となった競技場を中心に記す。

スタジアム都市
(大会)
建設収容
人員
現状
1896パナシナイコスタジアムアテネギリシャの旗 ギリシャ王国既存80,000現存
1900ヴェロドローム・ド・ヴァンセンヌパリフランスの旗 フランス共和国既存50,000現存
1904フランシス・フィールドセントルイスアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国既存19,000現存
1906パナシナイコスタジアムアテネギリシャの旗 ギリシャ王国既存80,000現存
1908ホワイトシティ・スタジアムロンドンイギリスの旗 イギリス新設68,000閉鎖
1912ストックホルム・スタディオンストックホルム スウェーデン新設20,000現存
1920アントウェルペン・オリンピスフ・スタディオンアントワープベルギーの旗 ベルギー新設12,771現存
1924英語版シャモニーフランスの旗 フランス共和国新設45,000現存
1924スタッド・オランピック・イヴ=ドゥ=マノワールパリフランスの旗 フランス共和国既存45,000現存
1928英語版サンモリッツスイスの旗 スイス新設現存
1928アムステルダム・オリンピスフ・スタディオンアムステルダムオランダの旗 オランダ新設31,600現存
1932英語版レークプラシッドアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国新設7,500現存
1932ロサンゼルス・メモリアル・コロシアムロサンゼルスアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国既存101,574現存
1936ドイツ語版ガルミッシュ=パルテンキルヒェンナチス・ドイツの旗 ドイツ国既存現存
1936ベルリン・オリンピアシュタディオンベルリンナチス・ドイツの旗 ドイツ国新設110,000現存
1948サンモリッツ・オリンピック・アイスリンクサンモリッツスイスの旗 スイス既存現存
1948ウェンブリー・スタジアムロンドンイギリスの旗 イギリス既存82,000閉鎖
1952ビスレット・スタディオンオスロ ノルウェー既存20,000現存
1952ヘルシンキ・オリンピックスタジアムヘルシンキ フィンランド既存70,000現存
1956英語版コルティナダンペッツォイタリアの旗 イタリア新設12,000現存
1956メルボルン・クリケット・グラウンドメルボルンオーストラリアの旗 オーストラリア既存100,000現存
1960英語版スコーバレーアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国新設8,500閉鎖
1960スタディオ・オリンピコ・ディ・ローマローマイタリアの旗 イタリア既存90,000現存
1964ベルクイーゼルシャンツェインスブルック オーストリア既存12,000現存
1964国立霞ヶ丘競技場陸上競技場東京日本の旗 日本改修71,556閉鎖
1968英語版グルノーブルフランスの旗 フランス仮設60,000閉鎖
1968エスタディオ・オリンピコ・ウニベルシタリオメキシコシティメキシコの旗 メキシコ既存83,700現存
1972真駒内屋外競技場札幌日本の旗 日本新設30,000現存
1972ミュンヘン・オリンピアシュタディオンミュンヘン西ドイツの旗 西ドイツ新設80,000現存
1976ベルクイーゼルシャンツェインスブルックオーストリアの旗 オーストリア既存現存
1976モントリオール・オリンピック・スタジアムモントリオールカナダの旗 カナダ新設70,000現存
1980英語版 (開会式)レークプラシッドアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国仮設30,000閉鎖
英語版 (閉会式)新設10,000現存
1980ルジニキ・スタジアムモスクワソビエト連邦の旗 ソビエト連邦既存103,000現存
1984アシム・フェルハトヴィッチ・ハセ競技場サラエボユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ユーゴスラビア既存50,000現存
1984ロサンゼルス・メモリアル・コロシアムロサンゼルスアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国既存92,516現存
1988マクマーン・スタジアムカルガリーカナダの旗 カナダ既存38,205現存
1988ソウルオリンピック主競技場ソウル大韓民国の旗 韓国既存100,000現存
1992英語版アルベールビルフランスの旗 フランス仮設35,000閉鎖
1992エスタディ・オリンピック・リュイス・コンパニスバルセロナスペインの旗 スペイン新設60,000現存
1994英語版リレハンメルノルウェーの旗 ノルウェー新設35,000現存
1996センテニアル・オリンピックスタジアム
ターナー・フィールド
アトランタアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国新設85,000現存[16]
1998長野オリンピックスタジアム
(長野市営南長野運動公園総合運動場野球場)
長野日本の旗 日本新設30,000現存
2000スタジアム・オーストラリア
(ANZスタジアム)
シドニーオーストラリアの旗 オーストラリア新設114,714現存
2002ライス・エクルズ・スタジアムソルトレイクシティアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国既存45,017現存
2004アテネ・オリンピックスタジアムアテネギリシャの旗 ギリシャ既存71,030現存
2006スタディオ・オリンピコ・ディ・トリノトリノイタリアの旗 イタリア既存28,000現存
2008北京国家体育場北京中華人民共和国の旗 中国新設91,000現存
2010BCプレイス・スタジアムバンクーバーカナダの旗 カナダ既存54,500現存
2012ロンドン・オリンピック・スタジアムロンドンイギリスの旗 イギリス新設80,000現存
2014ソチ・オリンピックスタジアムソチロシアの旗 ロシア新設40,000現存
2016エスタジオ・ド・マラカナンリオデジャネイロブラジルの旗 ブラジル改修74,738現存
2018平昌オリンピックスタジアム平昌大韓民国の旗 韓国仮設50,000閉鎖
2020オリンピックスタジアム東京日本の旗 日本建替68,000現存
2022北京国家体育場北京中華人民共和国の旗 中国既存80,000現存
2024スタッド・ド・フランスパリフランスの旗 フランス既存75,000現存
2026スタディオ・ジュゼッペ・メアッツァミラノ/コルティナダンペッツオイタリアの旗 イタリア既存80,018現存
2028ロサンゼルス・メモリアル・コロシアムロサンゼルスアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国既存92,516現存
2032ブリスベン・クリケット・グラウンドブリスベンオーストラリアの旗 オーストラリア既存42,000現存

ユースオリンピック

スタジアム都市(大会)建設収容人員現状
2010 Youthザ・フロート@マリーナ・ベイシンガポールの旗 シンガポール既存30,000現存
2012 Youthベルクイーゼルシャンツェインスブルックオーストリアの旗 オーストリア既存現存
2014 Youth南京奥林匹克体育中心南京中華人民共和国の旗 中国既存61,443現存
2016 Youthリスゴーズバッケンリレハンメルノルウェーの旗 ノルウェー既存35,000現存
2018 Youthエスタディオ・モヌメンタル・アントニオ・ベスプチオ・リベルティブエノスアイレスアルゼンチンの旗 アルゼンチン既存61,321現存
2020 Youthスタッド・ピエール・ド・クーベルタンローザンヌスイスの旗 スイス既存現存
2022 YouthNew Main Stadiumダカールセネガルの旗 セネガル

その他

脚注

  1. ^ オリンピック・パラリンピック招致特別委員会速記録第3号 - 東京都
  2. ^ 再設計 厳しい制約 - 日本経済新聞、2015年7月18日 朝刊3面
  3. ^ 「新国立建設せず」も検討 自民、既存施設活用を提言 - 東京、2015年8月7日 朝刊
  4. ^ 文科相「8万人規模」継承 - 東京、2015年8月8日 朝刊2面
  5. ^ 遠藤氏「陸上競技は新国立で」 - 産経、2015年8月19日
  6. ^ 新国立競技場問題シンポで世界のスタジアム改修事例を紹介 - ログミー
  7. ^ 新国立「新計画への提言」 仮設席撤去後の縮小を - スポーツ報知、2015年7月20日
  8. ^ 五輪の敵は「100年に1度」の大雨 レインコート25万着を用意 - ロンドン五輪2012特集 - MSN産経ニュース
  9. ^ 新国立競技場の整備計画 [1]
  10. ^ 新国立競技場の迷走はチャンスだ!「聖地」に相応しい設備と思想を。(Number Web) - goo ニュース 2015年5月24日
  11. ^ 新国立競技場改築費 2520億円で決定 NHKニュース 2015年7月7日[リンク切れ]
  12. ^ a b c NEWSポストセブン 週刊ポスト 2015年7月10日号
  13. ^ 「産経新聞 2015年7月8日 朝刊26面」によるとアトランタ約220億円、シドニー約550億円、アテネ約210億円、北京約510億円、ロンドン約930億円、となっている。
  14. ^ W杯まであと1年も…間に合う!?スタジアム建設に遅れ スポーツニッポン 2013年6月12日
  15. ^ “Atlanta to demolish Turner Field”. Associated Press. ESPN.com. (2013年11月12日). http://espn.go.com/mlb/story/_/id/9965245/turner-field-demolished-atlanta-braves-leave-new-stadium-2017-mayor-says 2013年11月12日閲覧。 
  16. ^ After the 1996 Paralympics, the stadium was reconfigured (as planned) into the baseball-specific Turner Field. It is scheduled to be demolished in 2017 after the Atlanta Braves, the stadium's main tenant since its reconfiguration, move into a new stadium in Cobb County, Georgia.[15]

 

Back to Top
Close