ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🚗|ホンダ HR-V 新型、ハイブリッドのみに…2021年内に欧州発売へ


写真 ホンダ HR-V ( ヴェゼル に相当)新型(欧州仕様)

ホンダ HR-V 新型、ハイブリッドのみに…2021年内に欧州発売へ

 
内容をざっくり書くと
新型には、コンパクト設計のパワートレインとセンタータンクレイアウトを採用した。
 

ホンダ(Honda)の欧州部門は7月29日、新型『HR-V』(日本名:『ヴェゼル』に相当)を、202… →このまま続きを読む

 レスポンス


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

センタータンクレイアウト

センタータンクレイアウトとは、本田技研工業軽自動車および小型乗用車に採用している燃料タンク搭載方法である。

概念

小型車の車内に大型の荷物(スノーボードや自転車など)の積載を可能にするにあたり、「居住性を確保しかつ車体寸法は拡大しない」という相反する課題をクリアすべく、考案した燃料タンク配置の方法を示す。また、1999年の東名高速飲酒運転事故を教訓に、燃料との距離を置くことができ、後部座席に乗車しても炎の引火の恐れを回避することができるという大きなメリットもある。

燃料タンクは通常、後部座席下や背後などに配置されることが多いが、そのため、後部座席の可動範囲や荷室容積の確保に制限が加わる。しかし、燃料タンクを薄型樹脂製にし車両中央(前部座席下)に配置することにより、後部座席を従来燃料タンクがあった部分に収納できるため、トランクスペースの上下部分の拡大や車室内を荷室等へ転用することがいとも簡単にできるようになった。 また低重心化に大きく貢献し、小型車の課題であった走行時の安定化につながっている。

このレイアウトの採用により、フィットの場合、後部座席の収納スペースは、同クラスの小型車の約1.7倍(2人乗車時)にまで広がった。中型車に対しても薄型樹脂製燃料タンクの技術は応用され、低床低重心化に貢献している。

採用車種

脚注

  1. ^ 知的財産権(一部特許権)の関係上、前席下への燃料タンクの配置がホンダからの技術供与である旨がカタログに記載されていた。

関連項目

外部リンク

駆動列

駆動列(くどうれつ)またはドライブトレイン[1][2]英語: drivetrain, drive train, drive-train)は、動力駆動輪へと伝達する動力車の構成要素の一群である[3]。動力を生成する機関(エンジン)または電動機モーター)は含まれない。対照的に、「動力列」(パワートレイン、powertrain)は、駆動列に加えて、エンジンとモーターの両方またはいずれか一方を含むと見做されている。また、「駆動系」(ドライブライン、drive-line、駆動伝達系、動力伝達系とも)は、動力列からエンジンまたはモーターと変速機(トランスミッション)を除いた部分である[4][5]

機能

駆動列の機能は、動力を発生させるエンジンと、この機械的な力を使って車軸を回転させる駆動輪を連結することである。この連結には、これら2つの構成要素(車両の反対側にある場合もある)を物理的に結びつける必要があり、長いプロペラシャフトドライブシャフトが必要になる。また、エンジンと車輪の動作速度は異なるため、適切なギア比で一致させる必要がある。車速が変化しても、効率的な運転のためには理想的なエンジン速度はほぼ一定でなければならないため、このギアボックス比も手動自動、または自動連続可変のいずれかで変更する必要がある。

構成要素

駆動列の具体的な構成要素は、車両の種類によって違いがある。

マニュアルトランスミッション車

オートマチックトランスミッション車

前輪駆動車

後輪駆動オフロード車

最終駆動装置(ファイナルドライブ)

最終駆動装置は、駆動輪にトルクを供給する一連の構成要素のうち、最後の要素である。道路車両では、変速機からの動力を減速させて伝達するファイナルギア(最終減速歯車)と、左右に動力を分配するデファレンシャルギア(差動歯車)という2つの部品で構成されている[6]

鉄道車両では、逆転装置が組み込まれていることもある。例えば、イギリス国鉄の第1世代ディーゼル多目的ユニットの多くに採用されている英語版製RF28[7]や、クラス03およびクラス04のディーゼル・シャント機関車に採用されているRF11などが挙げられる。

自動車の動力列は、エンジンや電気モーターなどの推進源と、そのエネルギーを車両の前進に変換する駆動系で構成されている。

モータービークルは、動力列は、エンジンや電気モーターなどの推進源と、そのエネルギーを車両の前進に変換する駆動列系とで構成される。

動力列(パワートレイン)

定義

動力列は、原動機内燃機関と1つ以上の駆動用電気モーターの両方またはいずれか一方)と、原動機の動力を車両の動きに変換するすべての構成要素(トランスミッション、ドライブシャフト、差動装置、車軸など)で構成されている[8][9]。しかし、駆動列は動力源を含まず、トランスミッション、ドライブシャフト、差動装置、車軸で構成されている[10][11]

推進装置とも呼ばれる[12]

動力源

ほとんどの乗用車と商用車は内燃機関、電気モーター、あるいはそれら2つの組み合わせのいずれかによって動力を得る。

最も一般的な内燃機関の種類には以下のものがある。

純粋な電気自動車の多くは、エネルギー貯蔵に蓄電池(バッテリー)を使用しており(ただし、いくつかのプロトタイプでは、代わりに燃料電池を使用している)、二次電池式電気自動車(BEV)と呼ばれている。

内燃機関と電気モーターの両方を搭載した車両を「ハイブリッド車」と呼ぶ。ハイブリッド車に充電ソケットが付いている場合は「プラグインハイブリッド」、充電ソケットが付いておらず(エンジンや回生ブレーキで充電する)電気モーターを主動力源にできる場合は「ストロングハイブリッド」、電気モーターがエンジンを補助する機能を果たす場合は「マイルドハイブリッド」と呼ばれている。

出典

  1. ^ 自動車技術会基準キーワード”. 自動車技術会 (2010年5月). 2021年9月18日閲覧。
  2. ^ 用語辞典 > ドライブ・トレイン”. オートモーティブ・ジョブズ. 2021年9月18日閲覧。
  3. ^ “Drivetrain”. Automotive Handbook (3rd ed.). Bosch. (1993). p. 536. ISBN 0-8376-0330-7 
  4. ^ Transmission and Drivetrain”. MathWorks. 2021年9月18日閲覧。
  5. ^ 駆動系”. 大車林. Motor-Fan. 2021年9月18日閲覧。
  6. ^ ファイナルドライブ”. グーネット自動車用語集. 2021年9月19日閲覧。
  7. ^ Mann, R. H., Diesel Rail-Cars, Draughtsmens and Allied Technicians Association, 1964, pp 45–50
  8. ^ What Does a Powertrain Warranty Cover?”. www.carchex.com. 2020年11月30日閲覧。
  9. ^ What is a Powertrain or Drivetrain?” (英語). www.whichcar.com.au. 2020年11月30日閲覧。
  10. ^ What is a Car Powertrain?” (英語). www.itstillruns.com. 2020年11月30日閲覧。
  11. ^ What Does a Powertrain Warranty Cover? What is a Powertrain?” (英語). www.autosimple.com. 2020年11月30日閲覧。
  12. ^ 長沼要 (202-07-17). “動力源とパワートレイン:トランスミッションの基礎知識2”. iPROS. 2021年9月18日閲覧。

 

Back to Top
Close