ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🚗|『GRカローラ』と『プリウスPHV』次期型は水素エンジン搭載か!?


写真 カローラシリーズの頂点モデル「GRカローラ」(仮)には水素エンジン搭載モデルも!?

『GRカローラ』と『プリウスPHV』次期型は水素エンジン搭載か!?

 
内容をざっくり書くと
水素エンジンの市販化とともに、今後が期待されるモデルだ。
 

トヨタは、『カローラ』の派生SUV『カローラクロス』を発表したばかりだが、ファミリーの頂点ともいえる… →このまま続きを読む

 レスポンス


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

水素燃料エンジン

水素燃料エンジン(すいそねんりょうエンジン hydrogen fueled internal combustion engine)とは、水素燃料とする内燃機関のこと。

概要

水素ガスを燃料とするため燃料由来の二酸化炭素を発生させない。ただし、わずかにオイルの燃焼分としての二酸化炭素などは排出する。日本では1970年代頃より武蔵工業大学(現東京都市大学)の古濱庄一が日本で初めて水素を燃料としたレシプロエンジンの研究に取り組んだ。

大気中に窒素が存在することから、燃焼時に窒素酸化物 (NOx) が発生することは避けられないものの、通常のガソリンエンジンに比べると発生量は少ない。またごく少量ながら、従来の燃料では発生しない過酸化水素類が発生する[1]ため、これの対処が必要となる。大気圧下の水素は体積当たりのエネルギー発生量で比較するとガソリンに劣る。そのため、燃料となる水素を圧縮する・水素吸蔵合金に蓄える、などの手法を採る必要があるが、いずれも耐久性・安全性が十分でない。

水素供給を担う水素スタンドをはじめ、水素自体の生産・輸送・備蓄・供給のための社会インフラは普及の途上である。

公道車両としては、BMWが2006年に100台限定で発売した『ハイドロジェン7』がある。既存のガソリン用6リッターV型12気筒エンジンを流用し、出力はガソリンの半分程度、航続距離は200km程度であった[2]。また日本でもマツダが1980年代末からロータリーエンジンとの組み合わせで研究をしており、2000年代には限定的な環境下だが公用車としてリース契約の下使用されていたこともあった。

トヨタ自動車も水素燃料レシプロエンジンを搭載した自動車の量産を目指しており、2021年にはその前段階として、車体は既存のカローラスポーツを使用、エンジンは水素燃料仕様に改造した1.6L・G16E-GTS型直列3気筒DOHC12バルブエンジンを搭載する車両でスーパー耐久富士24時間レースに参戦し、完走を果たしている[3]

宇宙機での利用

ロケットの推進剤に使用される水素を燃料とすることから、ロケットのタンクの加圧、発電などの用途のために、現在、アメリカ合衆国のユナイテッド・ローンチ・アライアンス(ULA)がNASCARに参戦するRoush Fenway Racingと共に開発を進めるヴァルカン上段ロケットである英語版 (ACES)と称する先進的な極低温上段ロケットでは軌道上での寿命を1時間から1週間に延長するIntegrated Vehicle Fluids技術が含まれる予定[4][5][6]

脚注

関連項目

外部リンク



 

Back to Top
Close