ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🚗|ゲンバを歩く オーケーエス 職人の技と最先端技術駆使 木製治具から樹脂まで幅広く


写真 ハイトゲージで線引き

ゲンバを歩く オーケーエス 職人の技と最先端技術駆使 木製治具から樹脂まで幅広く

 
内容をざっくり書くと
同社は、創業当時からの職人の技と、CADなどの最先端技術を駆使し、組付や溶接、マーキングなどに使用する高精度の治具を提供する。
 

自動車部品向けの治具製造などを手掛けるオーケーエス(本社岡崎市日名南町4の12、太田裕一郎社長)。同… →このまま続きを読む

 中部経済新聞社

★「ものづくり王国」中部地方の情報を全国・全世界に発信

中部経済新聞の創刊は1946年(昭和21年)で70年を超える実績があり、長年にわたる信頼を得てきました。
「日本新聞協会」に加盟する新聞社の中で唯一の『地域経済紙』として、中部地方のトヨタ自動車を
はじめとした大手企業から中小企業まで細かく取材活動を行っています。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

ハイテク

ハイテクは、ハイ・テクノロジー(High-Technology)の略で、先端分野の技術体系(先端技術)を指し、主に電子回路情報処理に関連する、体系を指す。

概要

ハイテクは、主に応用技術でも比較的高度な基盤がないと開発できないが、その運用はしばしば独立した技術体系のように扱われる分野でもある。

日本では1980年代前半より使用されはじめ、当初は現代日本の主要産業であるエレクトロニクス分野を指していた。1990年代に入ると、コンピュータの普及に伴い、これらに情報処理関連の概念が加わってきている。このため、1980年代のハイテクはエレクトロニクス分野全般を指していたが、今日ではエレクトロニクスに加えて、情報処理技術を含めてこう呼ぶ。

なお、これらのハイテクには、エレクトロニクスや情報処理技術を支える材料工学素材)や機械工学等の基礎研究技術分野はあまり含まれない。これらは対義語ローテクに分類される。しかし、ローテクの地道な研究の成果が発表され、一夜にして既存のハイテク製品が陳腐化し、その成果を盛り込んだ、既存製品の数倍に及ぶ能力を持つ製品が発売される事も珍しくない。

脚注

[脚注の使い方]

関連項目

創業当時


 

Back to Top
Close