ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

✈| 那覇空港と沖縄・北谷町を最短45分で結ぶ直行シャトルバス『北谷エアポートエクスプレス』11月…


写真 

那覇空港と沖縄・北谷町を最短45分で結ぶ直行シャトルバス『北谷エアポートエクスプレス』11月…

 
内容をざっくり書くと
長年、北谷町を含む観光地に広大な駐車場が必要だと議論されてきました。
 

北谷観光MaaS共同事業体(幹事会社:ユーデック株式会社、所在地:東京都千代田区、代表取締役:馬場園… →このまま続きを読む

 @Press

アットプレスは、プレスリリース配信のパイオニア企業。
観光・グルメからエンタメ、ガジェットなど幅広いジャンルのニュースを扱っています。
テレビ、雑誌、Webメディアなどにプレスリリースを配信していてSNSにも強い@Pressだからこそお届けできる、どこよりも早い最新情報が満載!


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

観光地

観光地(かんこうち)は、観光旅行と呼ばれる保養、遊覧を目的とした旅行または旅行者に対して、歴史文化自然景観などの遊覧資産が適宜整備されており、交通機関や宿泊施設などで観光客の受け入れを行える地域をいう。

概要

これらの地域の多くは間部、海岸部、古都と呼ばれる地域に集中し、観光で訪れる者から得る収入が地域経済の基盤となっている。

従って、国立公園内の自然保護地域など人の入れない地域、歴史・文化遺産などは、世界遺産などに登録されていても、交通、宿泊施設などで観光客の受け入れ体制が整っていない場合は観光地とはならない。ただしこれらの中でも、公開を目的とした整備が進み、一般旅行客にも観光の前提である歴史・文化・自然景観などの遊覧資産が鑑賞できるなどの受け入れ態勢が整っているものは観光地となる。

これらの観光地の多くは観光協会などの団体などを整備し、観光目的の客誘致、自然景観や史跡巡りの案内、宿泊施設の案内、区域内のゴミ収集など各種整備事業を行っている。

なお、テーマパーク遊園地娯楽施設であり、遊覧・保養を目的とした施設ではない為、観光地ではない。 ただし、テーマパークの中にも観光地に隣接しているものがあり、宿泊施設、教養施設などを提供し観光施設となっている物がある。

関連項目

北谷町

北谷町(ちゃたんちょう)は、沖縄県中頭郡に属するである。

概要

町名である北谷(ちゃたん)の読みは「きたたに」が「ちたたに→ちたたん→ちゃたん」[要出典]沖縄方言では「ki, ky」の音が「ch」に変化する)と変化したものである。県外出身者など町名を読み慣れない者からは「ちゃたん」と頭高型に発音されることがあるが、地元住民の間では平板に「ちゃたん」と発音されている。

西海岸に位置する美浜地区には、若者や駐留米軍関係者に人気のスポットであり、県内唯一の観覧車があるアメリカンビレッジがあり、地域でも比較的大規模なイオン琉球(旧・琉球ジャスコ)イオン北谷店(イオン北谷ショッピングセンター)といった娯楽・店舗施設を擁しており、多くの地元県民や観光客が訪れている。

北谷町内にはキャンプ・フォスターキャンプ桑江(キャンプ・レスター) 嘉手納飛行場陸軍貯油施設の4つの米軍関係施設があり、町の総面積の52.3%を占めているため、残りの6.64 km2に約2万8000人の町民が暮らしている。

北谷公園野球場があり、プロ野球中日ドラゴンズが春季キャンプを行っていることでも知られる。なお秋季キャンプは、ナゴヤ球場などで行っている。

地理

沖縄本島中部西海岸に位置する。

町字一覧

  • 伊平(いへい)
  • 宇地原(うじばる)
  • 大村(おおむら)
  • 上勢頭(かみせど)
  • 北前(きたまえ)
  • 桑江(くわえ)
  • 下勢頭(しもせど)
  • 砂辺(すなべ)
  • 玉上(たまがみ)
  • 北谷(ちゃたん) - 1 - 2丁目
  • 北谷(ちゃたん)
  • 桃原(とうばる)
  • 浜川(はまがわ)
  • 港(みなと)
  • 美浜(みはま) - 1 - 3丁目
  • 美浜(みはま)
  • 宮城(みやぎ)
  • 吉原(よしはら)

このうち北前、北谷1・2丁目界隈をハンビーともいう。元々在日米軍海兵隊のハンビー飛行場があったためそう呼ばれる。 このほか、町内は以下の行政区に分かれる。

  • 上勢
  • 桃原
  • 栄口
  • 桑江
  • 謝苅
  • 北玉
  • 宇地原
  • 北前
  • 宮城
  • 砂辺
  • 美浜

隣接する自治体

人口

Population distribution of Chatan, Okinawa, Japan.svg
北谷町と全国の年齢別人口分布(2005年)北谷町の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 北谷町
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性

北谷町(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より


歴史

北谷間切は安仁屋・北谷・桑江・平安山・砂辺・野国・屋良・嘉手納・山内の9つの村から成り立っていた。

  • 1671年:安仁屋が宜野湾間切に編入。

玉代勢・伝道・伊礼・浜川・野里を新設。

  • 1908年4月1日島嶼町村制施行に伴い、北谷間切が北谷村となる。役場は砂辺に置かれる。
  • 1945年4月:沖縄戦で米軍の上陸地点となり即時に村全域が占領された。
  • 1946年10月:桃原地区の一部への住民移動が許可される。
  • 1947年1月:謝苅地区への住民移動が許可されたが、県内有数の穀倉地帯であった地勢のいい平坦地は許可地域とならなかった。そのため人々は地勢の険悪な土地を切り開いて住み着き、現在の謝苅の密集地区が形成される。
  • 1948年12月4日:嘉手納など村北部が嘉手納村として分村(1976年嘉手納町となる)[1]
  • 1980年4月1日:町制施行。
  • 1981年12月:キャンプ・フォスターのハンビー飛行場がすべて返還される。
  • 1988年10月11日:北谷町運動公園が開設される。
  • 1997年頃からアメリカンビレッジの造成工事が着工される。
  • 2004年頃までにアメリカンビレッジの造成工事がほぼ完成する。
  • 2007年頃からの造成工事が着工される。

行政

  • 町長・渡久地政志

郵便

郵便配達は沖縄市にある沖縄郵便局が行う。

  • 北谷桑江郵便局
  • 北谷宮城郵便局
  • 北谷郵便局
  • ハンビー郵便局

教育

高等学校

中学校

小学校

専修学校

専門学校

放送

  • FMニライ(79.2MHz)北谷町・嘉手納町・宜野湾市(放送エリア)

交通

バス

路線バス

以下の路線が町内を通っている。下表の運行会社の「琉」は琉球バス交通の路線、「沖」は沖縄バスの路線。どちらも記載されている路線は両社の共同運行路線を示す。

番号路線名運行会社起点終点市町村北谷町内の主な経由地
20名護西線琉球
沖縄
那覇BT名護BT那覇市 - 浦添市 - 宜野湾市 - 北谷町 - 嘉手納町 - 読谷村 - 恩納村 - 名護市国道58号(北谷、桑江、伊平、砂辺)
120名護西空港線那覇空港
28読谷(楚辺)線那覇BT読谷BT那覇市 - 浦添市 - 宜野湾市 - 北谷町 - 嘉手納町 - 読谷村
29読谷(喜名)線
228読谷おもろまち線おもろまち駅
43北谷線沖縄那覇BT北谷町役場那覇市 - 浦添市 - 宜野湾市 - 北谷町北谷、桑江
62中部線琉球読谷BT砂辺駐機場読谷村 - 嘉手納町 - 沖縄市 - 北谷町謝苅、アメリカンビレッジ、北谷宮城
63謝苅線那覇BT具志川BT那覇市 - 浦添市 - 宜野湾市 - 北谷町 - 沖縄市 - うるま市ハンビータウン、謝苅
263謝苅おもろまち線おもろまち駅
75石川北谷線東山駐車場北谷町老人福祉センターうるま市 - 沖縄市 - 北谷町北谷高校
96北谷〜イオンモール線沖縄北谷町役場ライカム北谷町 - 北中城村桑江、ファイヤーステーション前
112国体道路線琉球那覇BT具志川BT那覇市 - 浦添市 - 宜野湾市 - 北谷町 - 沖縄市 - うるま市北谷、桑江、伊平、上勢頭

デマンドバス

2021年7月よりデマンドバスとして「C-BUS」[2]を運行している。

2017年6月19日より2021年6月20日までは同名のコミュニティバスとして町域の北半分を運行する北コース、南半分を運行する南コースの2路線を運行していた。

その他のバス路線

那覇空港と町内の観光地・リゾートホテルを結ぶリムジンバスが運行されている。いずれも路線バスと同様の方法で利用可。

道路

北谷町と米軍基地

日本軍の中飛行場があったため米軍の上陸地点となった北谷町は、多くの住民の命が失われた。現在も4つの米軍関係施設があり、米軍基地が町の総面積の52.3%を占めている。

北谷町の米軍基地

返還された米軍基地

ハンビー飛行場の返還
キャンプ瑞慶覧の382千平方メートルが返還され、ハンビー・タウンとなる。美浜タウンリゾート・アメリカンビレッジは一大観光地となる。北谷町の試算では、1991年から2002年までの12年間で、経済波及効果は1726億円。固定資産税は357万円は2億8600万円と81倍に。以前の基地雇用では100人たらずが、返還によって2000人の雇用創出となった。
メイ・モスカラー射撃訓練場の返還
土地区画整理事業を進め、商業業務施設を中心とした都市開発がすすめられ、1996年から2002年のわずか7年間で、経済波及効果は402億円に、固定資産税も192万円から1億8500万円と56倍に増えた[3]

著名な出身者

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ 嘉手納町の歴史” (日本語). 嘉手納町. 2021年2月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年2月10日閲覧。
  2. ^ 北谷町公式サイト『北谷町コミュニティバス(C-BUS)デマンド運行』
  3. ^ 全商連[全国商工新聞]”. www.zenshoren.or.jp. 2021年1月4日閲覧。

外部リンク


 

Back to Top
Close