ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🚗|土屋圭市がスバル WRX S4 を試乗…峠賛歌


写真 スバルWRX S4

土屋圭市がスバル WRX S4 を試乗…峠賛歌

 
内容をざっくり書くと
「走りスペシャル」というと上級グレードにハイテクてんこ盛りになりがちだが、990Sは“引き算の美学”のライトウェイトスポーツだという。
 

『CARトップ』2022年1月号発行:交通タイムス社定価:450円(本体409円+税) 新型EV『モ… →このまま続きを読む

 レスポンス


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

ライトウェイトスポーツ

ライトウェイトスポーツ(Light Weight Sport)とは、自動車のカテゴリの1つで、比較的軽量かつ小型のスポーツカーの総称であるが、明確な定義は存在しない。

概要

一般に以下の条件をある程度満たしていれば、それを「ライトウェイトスポーツカー」と呼ぶ場合が多い。しかし、これらは絶対条件ではない。

  • 車体重量が軽量(1t程度かそれ以下)である。
  • 最初からスポーツカーとして設計した車である。
  • 排気量が2L以下である。
  • 車がドライバーの感性に訴えかけるスポーツ走行性能を持っている。
  • ドライバーが運転していて心地よい、楽しいと感じる車である。

ただし、スポーツカーに明確な定義がないように、ライトウェイトスポーツもクーペセダンハッチバック軽トラックと言った車の形状や、FRFFと言った駆動方式、またはエンジン出力や最高速度のような絶対的性能により規定されるものではなく、明確な定義は存在しない。また、ライトウェイト「スポーツ」と呼ばれていても、それがスポーツカーである必要はない。

ライトウェイトスポーツカーは、速さや快適さよりも運転が楽しい車であることが、最も重要な条件である。すなわちドライバーの感性などにより定義される範囲が大きく、明確な定義が個人個人で違うために、完全に客観的な定義はできないとも言える。

代表的なものでは、古くはトヨタ・レビン/トレノホンダ・シビック/CR-Xなど1.6 - 2Lクラスのものから、軽自動車マツダ・AZ-1ホンダ・ビートスズキ・カプチーノなどがあり、現行ではマツダ・ロードスターロータス・エリーゼ、 が存在する。 また、ロータスのような、軽量小型のヨーロッパ製スポーツカーのみを「ライトウェイトスポーツ」と認める人から、スズキ・スイフトスポーツマツダ・デミオなども、その走りと基本性能からライトウェイトスポーツの1つと考える人もいる。

ハイテクてんこ盛り


 

Back to Top
Close