ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

✈|国産ヒノキで造った木製玩具「JALひこうき整備士セット」、JALブランドコミュニケーションスト…


写真 

国産ヒノキで造った木製玩具「JALひこうき整備士セット」、JALブランドコミュニケーションスト…

 
内容をざっくり書くと
「IKONIH」は、ヒノキの適切な伐採と植林、素材を活かした安全で安心な玩具の制作と販売を行う玩具ブランドで、サステナビリティの推進や安全・安心の追求という理念にJALブランドコミュニケーションが共感し、コラボレーションが実現したという。
 

JALブランドコミュニケーションは、ヒノキの玩具ブランド「IKONIH」と企画・開発した木製玩具「J… →このまま続きを読む

 TRAICY

旅行情報をすばやくお届けします。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

JALブランドコミュニケーション

株式会社JALブランドコミュニケーションは、日本航空(JAL)の機内誌SKYWARD(スカイワード)」やJALカードの会員向け会報誌「Agora(アゴラ)」、海外旅行ガイドブック「JAL GUIDE(JALガイド)」を発行している、JALのグループ会社である。

日本航空と日本エアシステムとの統合の一環として設立され、2004年4月から営業を開始した[1]。会社設立はこの年の2月の会見で[2]、持株会社や国内線・国際線各運航会社の社長人事と合わせて発表された[3]。新会社はブランド運営と宣伝の一元化を目的としたもので、日本航空・日本エアシステム・ジャルセールスの宣伝部門、日本航空文化事業センター、ジャルプランニングを統合して成立した[4]

関連項目

  • 角川マガジンズ - JAL BOOKS、JALシティガイドマップの販売委託、空港・飛行機をテーマにしたコンテンツ「マジックエアポート」の共同開発[5]

脚注

  1. ^ 「飛び立つ新生JAL<下> ブランド力前面に 高単価の旅客囲い込み」『日刊工業新聞』2004年(平成16年)4月1日付21面。
  2. ^ 「日本航空システム、新体制へ 兼子氏「統合を軌道に」 新町氏「完遂へ努力」」『日本経済新聞』2004年(平成16年)2月19日付朝刊15面。
  3. ^ 「日航システム社長に新町氏 日航インター羽根田氏 日航ジャパン小松原氏」『日経産業新聞』2004年(平成16年)2月19日付31面。
  4. ^ 「宣伝・ブランド運営で新会社 JAL、統合に合わせ一本化」『日刊工業新聞』2004年(平成16年)2月19日付17面。
  5. ^ KADOKAWAとJALグループが、空港・飛行機をテーマにした新コンテンツ「マジックエアポート」を共同開発” (2021年8月20日). 2021年11月9日閲覧。

外部リンク

玩具ブランド


 

Back to Top
Close