ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🚗|ライバル勢の予想以上の速さに驚く佐藤琢磨「彼らのスピードには全然追いつけなかった」


写真 

ライバル勢の予想以上の速さに驚く佐藤琢磨「彼らのスピードには全然追いつけなかった」

 
内容をざっくり書くと
だが、これも500マイルのスタート順を決める争いに過ぎず、戦いはこれから始まる。
 

「今日はショックでした。心が痛いくらい‥‥(苦笑)」。 予選2日目が終わった佐藤琢磨は、ここまでの好… →このまま続きを読む

 AUTOSPORT web


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

スタート順

500マイルもはなれて

この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • 500マイル
  • 500マイルもはなれて
  • 500マイルも離れて

500マイルもはなれて(ごひゃくマイルもはなれて、500 Miles、Five Hundred Miles)は、アメリカ合衆国のスタンダードナンバー。1961年発表。作詞・作曲・歌:英語版

世界各国の歌手にカバーされて歌い継がれている。日本では『500マイルもはなれて』の邦題でピーター・ポール&マリー盤や英語版盤がヒット。日本人歌手によるカバーは当初は英語詞が主流だったが、後に複数の訳詞が発表され、特に忌野清志郎の訳詞はその後のカバーの標準となった。

歌詞は、汽車が進むに連れて故郷や恋人と遠く離れてしまう情景が描かれている[1]

単純なメロディコード進行で構成されており[2]、日本ではフォークギター初心者の練習曲としても普及した。1960年代後半のカレッジ・フォーク全盛期には教科書のような存在として親しまれた[3]

原曲

作者としてクレジットされているのはオリジナル歌手のヘディ・ウエストだが、実際には彼女が幼い時に祖母から伝承された大不況時代に無賃乗車で各地を転々としていた渡り鳥労働者ホーボーによるフォークソングであるとする説がある[4]

他にも、20世紀前半のフォークソング『900 Miles』や『Reuben's Train』にルーツがあるとされる[1]

主なカバー

※石原裕次郎とWink以外の日本語カバーはすべて忌野清志郎訳詞。なお、忌野清志郎による英語カバー(1990年録音)は長らく未発表だったが、2011年発売のベスト・アルバム『sings soul ballads』に収録された。

脚注

関連項目


 

Back to Top
Close