ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🚗|アルピーヌ A110 Sとマツダ ロードスター 990Sの魅力。ライトウエイトスポーツに心酔


写真 

アルピーヌ A110 Sとマツダ ロードスター 990Sの魅力。ライトウエイトスポーツに心酔

 
内容をざっくり書くと
足は硬めでアクセルペダル、ブレーキペダル、ハンドルの操作に対しダイレクトに動いてくれる。
 

「ライトウエイトスポーツカー」、この響きだけで「運転が楽しいクルマ」と想像できる。近年このカテゴリー… →このまま続きを読む

 Webモーターマガジン

自動車専門誌「Motor Magazine」を発行するモーターマガジン社が運営するWebサイトです。限りがある誌面ではお伝えできなかったこと、多くのスペースを割けなかったテーマも、自動車業界に詳しい専門誌編集者がわかりやすく解説します。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

アクセルペダル

リンクを編集

アクセルペダルは、自動車の部品の名称。イギリス英語では acceleratorアメリカ英語では gas pedal という。スロットルを作動させる。形状としてはペンダント(吊り下げ)式とオルガン(床置き)式がある。ペンダント(吊り下げ)式の方が配置の自由度がある一方、オルガン(床置き)式の方が体への負担が少なく、踏み間違い事故も少ないとされる。業界全体ではペンダント(吊り下げ)式の方が主流であり、ポルシェや近年(2012年発売以降)のマツダの車種でオルガン(床置き)式が積極的に採用されている。

操作

アクセルペダルは、じわりと踏み込むように操作するのが原則である。

AT車では、アクセルペダルの操作によって、自動変速機のギヤを意図的に選択することが可能になる。

  • シフトダウン
    アクセルペダルを大きく踏み込むとシフトダウンし、急加速することができる。これをキックダウンと呼び、高速道路に合流する時などに使う。
  • シフトアップ
    踏み込んでいるアクセルペダルを少し戻すとシフトアップし、エンジンの回転数を落とすことができる。より高いギヤを利用することにより、エンジン音の低減と燃費の改善も期待ができる[要出典]

関連項目

ブレーキペダル

    リンクを追加

    ブレーキペダルは、自動車の運転装置のひとつ。フットブレーキを作動させる。三輪・四輪車では、ほとんどの場合、運転席の足元に位置し、アクセルペダルの一つ左側にある。通常、足の滑りを防止するためにペダル表面にゴムが貼られているが、ドレスアップ性を重視したアフターパーツでは滑り止めのゴムがないものが多い。アフターパーツのブレーキペダルを取り付けた場合、足が濡れている時には操作に注意を要する。

    形状は、ペンダント(吊り下げ)型が主であるが、エアブレーキの車両はほとんどオルガン(床置き)型である。

    操作

    ブレーキペダルは、右足で操作するのを基本としている。[1]このようにすればブレーキ時に必ずアクセルから足を離すことになるので、フェイルセーフ的な操作となる。さらに、加速しながらブレーキを踏むという無意味な行為を防ぐこともできる。しかし、緊急の場合にペダル踏み替えの時間を要することには注意が必要である。

    左足ブレーキ

    市販車では、クラッチペダルのないAT車の運転は左足が自由なことと、AT車のブレーキペダルはMT車のものより若干大きく出来ているので、ブレーキペダルを左足で踏むことも可能である。

    AT車であってもクリープ現象の弱い車種にあっては、上り坂での一旦停止でブレーキペダルから足を離すと後退してしまうものもある。この場合、発進の際には車両が後退しないように左足でブレーキペダルを踏みながら、右足でアクセルペダルを踏み込む操作が有効となる。

    ブレーキホールド

    走行中にブレーキペダルを踏んで自動車を停車させた際、ブレーキペダルから足を離してもブレーキがかかった状態を保持(ホールド)する機能が一部の車種に採用されている[2]。ただし一部の車種において、制御ソフトウェアの欠陥や電源ノイズの影響などによって、運転者の意図せずブレーキホールドが解除され、車が動き出してしまうといった不具合が報告されている[3][4]

    メルセデス・ベンツはこの機能を早くから採用し、実用化している。その際の操作も、停止させてさらに強くブレーキペダルを踏み込むだけという簡単な操作だけで作動させることが出来る。

    脚注

    [脚注の使い方]

    関連項目


     

    Back to Top
    Close