ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🚗|【順位結果】2020全日本ロード第3戦オートポリス JSB1000レース1


写真 

【順位結果】2020全日本ロード第3戦オートポリス JSB1000レース1

 
内容をざっくり書くと
2位は中須賀克行(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)、3位は水野涼(MuSASHi RT HARC-PRO.Honda)が表彰台を獲得している。
 

9月19日、2020年MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ第3戦スーパーバイクレース in 九州の… →このまま続きを読む

 AUTOSPORT web


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

中須賀克行

中須賀 克行 (なかすが かつゆき、1981年8月9日 -)は、福岡県北九州市出身のモーターサイクルロードレースライダーである[1]。2019年現在全日本ロードレース選手権JSB1000クラス出場中。

人物

3歳から12歳までポケットバイクで遊んでいたことからライダーを夢見るようになり、地元の九州国際大学[2]に通う傍らロードレースに参戦するようになった[3]。憧れのライダーはウェイン・レイニーケビン・シュワンツ吉川和多留[3]

2000年から2004年まで全日本ロードレースGP250に参戦、2005年からはJSB1000クラスに転向し、2008年・2009年・2012年から2016年までと7度のタイトルを獲得している。また鈴鹿8時間耐久ロードレースでは2015年から4連覇を果たし、1993年から3年連続で優勝したアーロン・スライトの記録を更新した。2018年は決勝前日の転倒による負傷で出走はできなかったが[4]、個人及び同一チームでの4連覇という記録を打ち立てた。

中須賀の世界GPデビューは2011年の最終戦バレンシアで、負傷したホルヘ・ロレンソの代役として参戦、6位でフィニッシュした。2012年はワイルドカードで日本GPに参戦、9位でフィニッシュしている。最終戦のバレンシアにも負傷したベン・スピーズに代わって参戦、ウェットとなったこのレースでは路面状況と多くのリタイヤにも助けられ、優勝したダニ・ペドロサに次いで2位でフィニッシュした。この年、他のクラスも併せて表彰台に上った日本人ライダーは彼のみであった。 愛称は「ナカスガサーン」。2011年のMotoGP参戦時にヤマハから出された英文リリース[5]が初出と言われているが、その後日本国内のファンの間で定着した[6]。また英語圏のメディアの報道でも、以後「Nakasuga-san」の表記が多く使われており[7][8]、国を問わず呼称が定着していることが窺える。

妻は鈴鹿サーキットクイーン29期生だった山本佳世子で[9][10]、2009年3月に入籍し、同年9月に第一子(男児)が誕生[11]。2010年11月23日に行われた挙式には及川誠人武田雄一成田亮なども参列したという[11]

現在は全日本ロードレースに参戦する傍ら、ヤマハのMotoGPテストライダーの役割も果たしている。

主な戦績

全日本ロードレース選手権

  • 2000年 - GP250ランキング11位。RC甲子園から参戦。
  • 2001年 - GP250ランキング20位。MOTOREX DAYTONAから参戦。
  • 2002年 - GP250ランキング5位。TEAM NAKASUGAから参戦。
  • 2003年 - GP250ランキング8位。SP忠男レーシングチームから参戦。
  • 2004年 - GP250ランキング5位(1勝)。SP忠男レーシングチームから参戦(ヤマハ)。
  • 2005年 - JSB1000ランキング12位(最高位6位)。SP忠男レーシングチームから参戦(ヤマハ)。
  • 2006年 - JSB1000ランキング9位(最高位5位3回)。YSP&PRESTOレーシングから参戦(ヤマハ)。
  • 2007年 - JSB1000ランキング4位(2勝)。YSP&PRESTOレーシングから参戦(ヤマハ)。
  • 2008年 - JSB1000年間チャンピオン(2勝)。YSP&PRESTOレーシングから参戦(ヤマハ)。
  • 2009年 - JSB1000年間チャンピオン(2勝)。YSP Racing Teamから参戦 (ヤマハ)。
  • 2010年 - JSB1000ランキング3位。YSP Racing Team with TRCから参戦(ヤマハ)。
  • 2011年- JSB1000ランキング5位(1勝)。YSP Racing Team with TRCから参戦(ヤマハ)。
  • 2012年 - JSB1000年間チャンピオン(4勝)。YSP Racing Teamから参戦(ヤマハ)。
  • 2013年 - JSB1000年間チャンピオン(4勝)。YSP Racing Teamから参戦(ヤマハ)。
  • 2014年 - JSB1000年間チャンピオン(4勝)。YSP Racing Teamから参戦(ヤマハ)。
  • 2015年 - JSB1000年間チャンピオン(7勝)。ヤマハ・ファクトリー・レーシングチームから参戦(ヤマハ)。
  • 2016年 - JSB1000年間チャンピオン(6勝)。ヤマハ・ファクトリー・レーシングチームから参戦(ヤマハ)。

MotoGP

  • 2011年 - MotoGPクラス第17戦・第18戦スポット参戦[12]。第17戦キャンセル、第18戦6位。ヤマハ・ファクトリー・レーシングから参戦。
  • 2012年 - MotoGPクラス第15戦・第18戦スポット参戦。第15戦9位、第18戦は16番グリッドから2位となり、MotoGPクラスのスポット参戦者としてはトロイ・ベイリス、日本人参戦者としては中野真矢以来の表彰台獲得[13][14]。ヤマハ・ファクトリー・レーシングから参戦。
  • 2013年 - MotoGPクラス第17戦にスポット参戦し11位完走。YSP Racing Teamから参戦。
  • 2014年 - MotoGPクラス第15戦にスポット参戦し12位完走。YAMALUBE レーシングチーム with YSP として参戦。
  • 2015年 - MotoGPクラス第15戦にスポット参戦し8位完走。ヤマハ・ファクトリー・レーシングチームから参戦。
  • 2016年 - MotoGPクラス第15戦にスポット参戦し11位完走。YAMALUBE ヤマハ・ファクトリー・レーシングチームから参戦。
  • 2017年 - MotoGPクラス第15戦にスポット参戦し12位完走。YAMALUBE ヤマハ・ファクトリー・レーシングチームから参戦。
  • 2018年 - MotoGPクラス第16戦にスポット参戦し14位完走。YAMALUBE ヤマハ・ファクトリー・レーシングチームから参戦。

その他

シーズン別

クラス車両チーム出走回数優勝回数表彰台PPFLポイントランキング
2002年250ccヤマハ10000431位
2003年250ccヤマハ100000NC
2004年250ccヤマハSP忠男レーシングチーム100000NC
2011年MotoGPヤマハヤマハ・ファクトリー・レーシング100001018位
2012年MotoGPヤマハヤマハ・ファクトリー・レーシング201002718位
2013年MotoGPヤマハヤマハ YSP レーシングチーム10000522位
2014年MotoGPヤマハYAMALUBE YSP レーシングチーム10000426位
2015年MotoGPヤマハヤマハファクトリー・レーシングチーム10000823位
2016年MotoGPヤマハYAMALUBE ヤマハファクトリー・レーシングチーム10000523位
合計10010063

レース別

凡例

クラス車両123456789101112131415161718順位ポイント
2002年250ccヤマハJPNRSASPAFRAITACATGBRGERCZEPORBRAPAC
12
MALAUSVAL31位4
2003年250ccヤマハJPN
Ret
RSASPAFRAITACATGBRGERCZEPORBRAPACMALAUSVALNC0
2004年250ccヤマハRSASPAFRAITACATBRAGERGBRCZEPORJPN
20
QATMALAUSVALNC0
2011年MotoGPヤマハQATSPAPORFRACATGBRNEDITAGERUSACZEINDRSMARAJPNAUSMAL
C
VAL
6
18位10
2012年MotoGPヤマハ
9

2
18位27
2013年MotoGPヤマハ
11
22位5
2014年MotoGPヤマハ
12
26位4
2015年MotoGPヤマハ
8
23位8
2016年MotoGPヤマハ
11
23位5

賞詞

参照

  1. ^ Yamaha team rider profile Retrieved 13 April 2012. (日本語)
  2. ^ JSB1000 ライダープロフィール 中須賀克行 2020年9月1日閲覧。
  3. ^ a b 長野博 V6エンジン (2012年3月31日). “靴下と塩で縁担ぎ/JSB1000クラス中須賀克行選手を直撃”. 東京中日スポーツ. http://f1express.cnc.ne.jp/index.php?cat_id=357&teiko_id=245714&now_page=1 2015年7月29日閲覧。 
  4. ^ 決勝に出走しない中須賀を「チームだから大丈夫」と励ましたロウズ/ヤマハファクトリー鈴鹿8耐優勝会見」『AUTO SPORT web』、2018年7月30日。2018年7月30日閲覧。
  5. ^ Katsuyuki Nakasuga to Replace Jorge Lorenzo for Malaysian Grand Prix - YAMAHA Racing・2011年10月19日
  6. ^ ナカスガサーン祭り 2012 Nakasuga-san Festival - Togetter
  7. ^ Katsuyuki Nakasuga to replace Ben Spies at Valencia - motoGP.com・2012年10月28日
  8. ^ Yamaha's Nakasuga steals the show in season finale at Valencia - motorsport.com・2012年11月12日
  9. ^ “鈴鹿サーキットクイーン29期生決定!” (PDF) (プレスリリース), モビリティランド, (2007年4月9日), http://www.mobilityland.co.jp/pressroom/suzuka/2007/04/2007_queen.pdf 2015年7月29日閲覧。 
  10. ^ 「コカコーラ ゼロ 鈴鹿サーキットクイーン」『ギャルズ・パラダイス「2007トップレースクイーン編」』、三栄書房、2007年9月27日、 28頁、2015年7月29日閲覧。
  11. ^ a b 2011年はゼッケン1を取り戻す! 中須賀克行が地元で挙式”. 全日本ロードレース選手権公式サイト (2010年11月24日). 2015年7月29日閲覧。
  12. ^ motogp.com - ヤマハ:中須賀克行の負傷代役を発表
  13. ^ “中須賀克行がMotoGP最終戦バレンシアGPで2位に入賞!!”. livedoorニュース (ライブドア). (2012年11月14日). http://news.livedoor.com/article/detail/7141368/ 2015年7月29日閲覧。 
  14. ^ motogp.com - 中須賀克行が最高峰クラスで日本人16人目の表彰台獲得
  15. ^ 中須賀克行、2014年度モータースポーツ顕彰を授彰…ヤマハではノリック以来”. response.jp (2015年3月10日). 2015年7月29日閲覧。

外部リンク

タイトル
先代:
レオン・ハスラム
高橋巧
鈴鹿8時間耐久ロードレース
優勝

2015年・2016年・2017年
同職:ポル・エスパルガロ(2015・2016), ブラッドリー・スミス(2015),アレックス・ロウズ(2016),(2017)
次代:
-

YAMAHAFACTORYRACINGTEAM


 

 

【Twitterを使って感想を簡単に書けます!】
 
下のボタンを押して「記事の感想: 」の後に書いてツイートするだけ!その際、最初から入力されているものは消さずに、URLには文章がつながらないよう感想の後にスペースを入れて下さい。
 
PORTALFIELD News公式アカウントでも、ご感想を拡散(フォロー・いいね・リツイート)します。ツイート後、ご自分で拡散したり削除などはご自由ですのでお気軽に感想をお寄せ下さい!皆さまのご協力をお願い致します。
Twitterに寄せられた、この記事への感想ツイートを見ることができます。
Back to Top
Close