ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

✈|JAXAとANA、宇宙と空から大気成分等を観測する共同研究を開始


写真 ▲関東平野の二酸化炭素排出量を観測する温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」(GOSAT)のイメージ(Credit: JAXA/N1ES/MOE)

JAXAとANA、宇宙と空から大気成分等を観測する共同研究を開始

 
内容をざっくり書くと
共同研究の観測実験は「東京(羽田)―福岡便」から実施する予定となります。
 

宇宙航空研究開発機構(JAXA)とANAホールディングス株式会社は9月28日、人工衛星と旅客機から都… →このまま続きを読む

 sorae

soraeは、宇宙開発・天文・航空・ドローンの情報を発信している「そら」のWebメディアです。宇宙を知りたい、天体イベントを知りたい、航空に興味がある、最新のドローンに詳しくなりたいあなたに、お届けします。
過去の”そら”、これからの”そら”の情報をスピーディーに、分かり易く紹介していきます。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

福岡便

コラボレーション

コラボレーション: collaboration)は、「共に働く」「協力する」の意味で、「共演」・「合作」・「共同作業」・「利的協力」を指す語である。日本語ではコラボと略されることも多い。

概説

かつては「(初)共演」などとするのが一般的であったが、2000年(平成12年)以降は、「初コラボ」・「異色のコラボ」・「夢のコラボ」・「最強のコラボ」などと、いったかたちでPR(宣伝)の際に頻繁に用いられるようになった。今日では、音楽漫画などの著作物に限らず、企業同士、ブランド雑誌ショップの共同企画など、あらゆる分野で「コラボレーション」の語が使われている。さらに、テレビ番組広告映画アーティストとの共同企画にまで用いられるなど、用例が曖昧になっている。

相手との協力具合も建設の合弁事業と言える厳格な物から、動画コンテンツで同じ画面の入ったという緩い物とさまざまである。

テレビ番組

キー局準キー局同士で共同で製作したり、準キー局在名テレビジョン放送局で共同で製作やコラボがあり、他局同士で製作・著作をする場合もある。また、フジテレビの『笑っていいとも!』には、TBSアナウンサーの安住紳一郎が出演したこともあり、近年では、テレビ局同士のコラボが行われた。

最近では、お互いに同じテレビ局で隣同士の放送枠のテレビ番組であれば『合体スペシャル』という特別番組として双方の出演者がそれぞれの番組に出演するなどのコラボレーションも多くなっている。

また、同じテレビ番組に一緒に出演(=共演)することをテロップや紹介でコラボレーションという表記を使用する場合もある。

音楽

音楽の場合、ミュージシャン同士、あるいは他の分野のアーティストなどと一時的なユニットを組むことや、楽曲提供や音楽プロデュースなども含まれ、恒久的な活動をする場合はあまり使われない。「&」(アンド)、日本語助詞の「」、「×」(かける)、「VS」(バーサス)等で同列に扱われる場合を一般にコラボレーションと呼び、メインアーティストが存在しゲスト扱いになると「フィーチャリング」と呼ばれる。また、『FNS歌謡祭』『FNSうたの夏まつり』などのフジテレビの音楽番組では異なる2組以上の歌手・ダンサー・演奏家などのミュージシャンを組み合わせてコラボレーションで楽曲が披露される場合が多いため、「×」がテロップで多用されている。

漫画

漫画の分野においては、複数名の漫画家による合作が行なわれることがある。作画グループが1972年(昭和47年)以降、複数の商業誌などで発表した一連の合作ではプロだけでなくアマチュアを含めた数十名の共同作業で作品が制作された。また、漫画雑誌の「企画」等でその雑誌に連載している作家のうち2名が、2作品の世界観が同一またはごく近接したものであるとみなし(或いは、無理にでも一方を他方に合わせ)、2作品の登場人物たちを用いて1つの物語を描くといったクロスオーバー作品の形をとるものがあり、こうした合作は「コラボレーション作品」と呼ぶことがある。

なお、こうした合作は必ずしも雑誌主導で行なわれるものばかりではなく、柴田昌弘の『紅い牙』の番外編として1982年(昭和57年)に発表された和田慎二の『超少女明日香』との番外編『獏ーばくー』において、和田が「友情執筆」としていた例がある[1]

コマーシャル

脚注

[脚注の使い方]

関連項目


 

Back to Top
Close