ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🚗|日立ハイテク、リチウムイオン電池の高速劣化診断手法を開発


写真 

日立ハイテク、リチウムイオン電池の高速劣化診断手法を開発

 
内容をざっくり書くと
今回日立ハイテクが開発した評価手法では、電流や電圧などの時間変化を瞬時に解析し、数秒~2分程度で診断することができるという。
 

日立ハイテクは20日、使用中および使用済みのリチウムイオン電池の性能劣化や余寿命を瞬時に評価する「電… →このまま続きを読む

 LIGARE.News

モビリティサービスに携わる「判断に必要な情報を伝える」ことをモットーにモビリティサービス専門の『LIGARE(リガーレ)』を運営しています。
MaaS(Mobiliry as a Searvice)や自動運転をはじめ、100年に一度と言われる変革期を迎えた自動車産業の「未来」を伝えるメディアです。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

時間発展

時間発展(じかんはってん)とは、時間が進むことで物理系が変化することである。

古典論

古典物理学における時間発展とは、物理量の値が時間によって変化することである。

例えば古典力学の一形式であるニュートン力学では、時間発展はニュートンの運動方程式によって表現する。これと等価なハミルトン力学では、時間発展は正準方程式で表現され、ラグランジュ力学では、時間発展はオイラー・ラグランジュの運動方程式で表現される。

量子論

量子論では、どんなに同じ状態を用意して同じように物理量(オブザーバブル)の測定を行なっても、測定値は測定ごとにバラバラである。量子論の測定において、状態とオブザーバブルが決まっているときに一意的に定まっているのは「測定値の確率分布」である。よって量子論では「測定値の確率分布」を基本にして理論を構築する。逆に言えば、得られる「測定値の確率分布」が同じならどんな理論を作ってもよい(実際、演算子形式や経路積分形式などの理論が作られている)。

よって量子論では系の時間発展についても測定値の確率分布を用いて定義する。量子論における系の時間発展とは、測定を行う時間によって得られる測定値の確率分布が異なることである。

時間発展の定式化も、同じ測定値の確率分布を与えるならばどんな方法でも良い。代表的な方法として、以下の3つがある。この3つの方法はどれも等価である。

時間発展演算子

閉じた系の場合、時刻t での状態は時刻t = 0 での状態ユニタリ変換したものである。つまりベクトルの長さや内積は時間が経っても変わらない(これは時間発展の基礎方程式、たとえばシュレーディンガー方程式などからも当然導かれる)。

このユニタリ変換は、ひとつのヒルベルト空間内でのユニタリ変換なので、そのヒルベルト空間上の演算子で書ける。これを時間発展演算子(時間推進演算子とも呼ばれる)と呼び、と書く。

これは次の性質を満たすユニタリ演算子である。

時間発展演算子が満たすべき方程式は、シュレーディンガー方程式より、

である。ハミルトニアンで表されるそれぞれの場合で、この式を初期条件として解くと、その場合の時間発展を表す時間発展演算子の具体的な形が得られる。

参考文献

今回日立ハイテク


 

 

【Twitterを使って感想を簡単に書けます!】
 
下のボタンを押して「記事の感想: 」の後に書いてツイートするだけ!その際、最初から入力されているものは消さずに、URLには文章がつながらないよう感想の後にスペースを入れて下さい。
 
PORTALFIELD News公式アカウントでも、ご感想を拡散(フォロー・いいね・リツイート)します。ツイート後、ご自分で拡散したり削除などはご自由ですのでお気軽に感想をお寄せ下さい!皆さまのご協力をお願い致します。
Twitterに寄せられた、この記事への感想ツイートを見ることができます。
Back to Top
Close