ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

✈|とやマルシェで特製弁当販売 ANAクラウンプラザホテル富山


写真 特製弁当を販売するオープンスペース=きときと市場とやマルシェ

とやマルシェで特製弁当販売 ANAクラウンプラザホテル富山

 
内容をざっくり書くと
スペースでは同ホテルが取り扱うおせちやクリスマスケーキの予約なども受け付けている。
 

ANAクラウンプラザホテル富山は11日、富山駅構内の商業施設「きときと市場とやマルシェ」内のオープン… →このまま続きを読む

 北日本新聞

富山県のニュースを掲載しています。スポーツ・社会・文化・地域・くらし情報も。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

クリスマスケーキ

クリスマスケーキ英語: Christmas cake)は、クリスマスを祝って食べるケーキで、イギリス、アイルランド、並びにその他の英連邦諸国や日本、フィリピンなどの国々で広く親しまれている。

イギリスのクリスマスケーキ

イギリスのクリスマスケーキは特に12月24日(クリスマス・イヴ)や12月26日(ボクシング・デー)のティータイムに供される習慣がある[1]

イギリスではクリスマスケーキのほかバースデーケーキウェディングケーキなどもダークフルーツケーキを土台にしていることが多い[1]。ダークフルーツケーキはドライフルーツをふんだんに入れた硬めの生地のケーキである[1]

日本のクリスマスケーキ

日本のクリスマスケーキの歴史は、菓子メーカー不二家創業の1910年(明治43年)まで遡る[2]。現代の日本では、スポンジケーキにホイップクリームやバタークリームを塗り、砂糖細工(メレンゲドール)のサンタクロースクリスマスツリーイチゴチョコレートを飾りつけたものが一般的である。これは、不二家が1922年(大正11年)頃から広めたものである。近年、日本の一部や韓国ではバースデーケーキのように、クリスマスケーキにろうそくを灯すものも見られ、サンタクロースを象ったろうそくも見うけるが、英連邦諸国でクリスマスケーキにろうそくの火を灯すことはない。また、日本では慣習的にクリスマス当日ではなく、イブの晩に食べられることも多い。

関連項目

クリスマスに関連するパン類・デザート類

クリスマス以外の祝日に関連するケーキ類

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 『BonChic VOL.12』主婦の友社、2015年、60頁
  2. ^ 不二家の歴史”. 不二家. 2009年6月19日閲覧。

外部リンク

同ホテル


 

Back to Top
Close