ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in ,

🚗|トヨタ 来年度国内生産 320万台弱 大台復活 回復軌道に ものづくり基盤死守 新型投入で積極攻勢


写真 国内導入が計画されている新型SUV「カローラクロス」

トヨタ 来年度国内生産 320万台弱 大台復活 回復軌道に ものづくり基盤死守 新型投入で積極攻勢

 
内容をざっくり書くと
豊田章男社長はかねてから「グローバル生産をけん引するために競争力を磨く現場が必要」とし、国内生産300万台体制の維持にこだわる姿勢を示している。
 

トヨタ自動車が2021年度(21年4月~22年3月)の国内生産見通しを320万台弱に設定したことがわ… →このまま続きを読む

 中部経済新聞社

★「ものづくり王国」中部地方の情報を全国・全世界に発信

中部経済新聞の創刊は1946年(昭和21年)で70年を超える実績があり、長年にわたる信頼を得てきました。
「日本新聞協会」に加盟する新聞社の中で唯一の『地域経済紙』として、中部地方のトヨタ自動車を
はじめとした大手企業から中小企業まで細かく取材活動を行っています。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

国内生産300万台体制

豊田章男社長


 

Back to Top
Close