ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in

🌤|梅雨前線 活発化 西日本~北日本 雷を伴った非常に激しい雨


写真 

梅雨前線 活発化 西日本~北日本 雷を伴った非常に激しい雨

 
内容をざっくり書くと
西日本から北日本では、17日は雷を伴った非常に激しい雨や激しい雨が降り、大雨となる所がありそうだ。
 

西日本から北日本では、17日は雷を伴った非常に激しい雨や激しい雨が降り、大雨となる所がある。気象庁は… →このまま続きを読む

 ウェザーマップ


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

激しい雨

激しい雨』(はげしいあめ、Hard Rain)は、1976年にリリースされたボブ・ディランライブ・アルバム。1976年4月からスタートした、"第2期"「ローリング・サンダー・レヴュー」の5月16日公演から4曲、5月23日公演から5曲が収録されている。

ビルボード200チャートで最高17位[1]全英アルバム・チャートで3位を記録した。RIAAよりゴールド・ディスクに認定されている[2]

解説

本作では5月23日のフォートコリンズ公演をメインに位置づけている。この公演はコロラド州立大学のヒューズ・スタジアムにて行われた野外ライブであった。しかし、当日は雨に見舞われ、観客は傘や合羽を身につける状況となってしまった。その中で「はげしい雨が降る」が演奏された(本作には未収録)ことが、このアルバムの名前の由来だといわれている。

この公演ではテレビ収録も行われ、このアルバム発表と同時期にNBCのテレビスペシャル『Hard Rain』として、全米で放送された(未ビデオ化)。日本ではディランの来日に合わせて、翌年の1977年に一部曲目を変えて、東京12チャンネル(現・テレビ東京)にて『ボブ・ディラン・ライブ・コンサート・スペシャル 激しい雨』が放送された。

1975年10月 - 12月に行われていた"第1期"「ローリング・サンダー・レヴュー」の時とは、演奏のアレンジやライブの形式が異なっている。第1期がゲリラ的で反響を呼んだのに対し、この第2期ではそのような盛り上がりがなく、当時の評判は決して良くなかった。しかし後年、このライブやテレビ放送がブートレグとして多く出回るようになった。

2010年8月31日の『ローリング・ストーン』の記事では、ディランに近い人物が、テレビスペシャル『Hard Rain』のDVD発売に取り組んでいると発言したことが、報じられている。[3]

なおこのアルバムは、5月16日のフォートワース公演からも4曲が収録されている。最初のCD化では6曲目の「嵐からの隠れ場所」の冒頭が編集し直されたが、2013年のリマスター盤では、曲間部分の多くが新たに編集し直されている。

収録曲

特記なき楽曲はボブ・ディラン作詞・作曲

Side 1

  1. - Maggie's Farm - 5:23
  2. いつもの朝に - One Too Many Mornings - 3:47
  3. - Stuck Inside Of Mobile With The Memphis Blues Again - 6:01
  4. - Oh, Sister - 5:08
    • 作詞・作曲: ディラン、ジャック・レヴィ
  5. - Lay Lady Lay - 4:47

Side 2

  1. 嵐からの隠れ場所 - Shelter From The Storm - 5:29
  2. きみは大きな存在 - You're A Big Girl Now - 7:01
  3. - I Threw It All Away - 3:18
  4. - Idiot Wind - 10:21

LP盤の裏ジャケットでは曲目が適当に並べられ、"See Label For Sequence"というただし書きがされていた。その意図は不明。

テレビ放映されながらアルバム未収録の曲

  • はげしい雨が降る - A Hard Rain's A-Gonna Fall
  • 風に吹かれて - Blowin' In The Wind
  • ディポーティー - Deportees
  • レイルロード・ボーイ - Railroad Boy
  • ダーク・アズ・ダンジョン - Dark As A Dungeon
  • あわれな移民 - I Pity The Poor Immigrant
  • モザンビーク - Mozambique
  • 天国への扉 - Knockin' On Heaven's Door

パーソネル

参加ミュージシャン

制作スタッフ

リリース

日付レーベル規格カタログ番号付記
アメリカ1976年9月13日コロムビアLPPC 34349
イギリスCBSLPS 86016
日本1976年CBSソニーLP25AP 290
日本1991年12月1日[4]ソニーCDSRCS-6169NICE PRICE LINE
日本2014年4月23日[5]ソニーBlu-spec CD2SICP-304962013年デジタル・リマスター、紙ジャケット、完全生産限定盤

脚注

  1. ^ allmusic ((( Bob Dylan > Charts & Awards > Billboard Albums)))”. Allmusic. 2009年8月10日閲覧。
  2. ^ RIAA Gold and Platinum Search for albums by Bob Dylan”. RIAA. 2009年8月9日閲覧。
  3. ^ Dylan's New 'Bootleg' to Feature Unearthed Live Show”. ローリング・ストーン (2010年8月31日). 2012年3月27日閲覧。
  4. ^ 激しい雨(SRCS-6169)”. Sony Music. 2009年8月10日閲覧。
  5. ^ 激しい雨(SICP-30496)”. Sony Music. 2014年4月30日閲覧。

北日本

北日本(きたにほん、きたにっぽん)とは、日本を大きく分ける時に使用される語で、日本の北部を指す。対義語は南日本

一般的には、北海道東北地方[1][注釈 1]である。北陸地方[注釈 2][注釈 3]を北日本に含む場合もある。

人口

2018年10月1日時点の域内推計人口は約1404万人。宮城県と北海道を除き、毎年1%もの苛烈な人口減少に晒されており、2015年までは南日本(九州沖縄)よりも人口が多かったが、2016年に逆転されている。人口流出が激しいことに加え、全国的に最も少子高齢化が進んでおり、ほぼ同規模の人口を持つ南日本(1431万人)に比べて出生数が25%も少なく、死亡者は8%多かった。2019年の統計では、出生者数と死亡者数の比が2.2倍にも達した。南日本との差もさらに拡大し、出生数は26%少なく、死亡者は10%多くなっていた。

若年層の少なさに加えて合計特殊出生率も全国最低水準であり、今後も人口減少が長期にわたって続くと予想されている。国立社会保障・人口問題研究所の推計では、2045年の推計人口は1020万7000人(2015年に対して-29%)と予測されている。

道県名人口人口増減率自然増減率社会増減率
北海道528万6000人(8位)-0.65%(29位)-0.57%(34位)-0.07%(21位)
青森県126万3000人(31位)-1.22%(46位)-0.78%(45位)-0.44%(46位)
岩手県124万1000人(32位)-1.12%(45位)-0.77%(43位)-0.35%(43位)
宮城県231万6000人(14位)-0.33%(11位)-0.34%(11位)+0.01%(14位)
秋田県98万1000人(38位)-1.47%(47位)-1.03%(47位)-0.44%(47位)
山形県109万0000人(35位)-1.04%(42位)-0.77%(43位)-0.27%(38位)
福島県186万4000人(21位)-0.99%(39位)-0.65%(36位)-0.34%(42位)
北日本7県1404万1000人
全国1億2644万3000人-0.21%-0.34%+0.13%

2018年10月1日推計(カッコ内全国順位)

北日本を冠した主な企業

東北地方や北陸地方(特に富山県)を営業の拠点とする企業に多く使用されている。

他にブルボン(新潟県柏崎市)が1989年に現社名に変更するまで、「北日本食品工業」(北日本製菓)を正式な社名にしたこともあった。ジャックス信販会社:創業・登記上本店は北海道函館市)の旧称は「北日本信用販売」だった。

北日本に設置される駐日公館

諸外国の駐日外国大使館が東京都区部に設置されることから、諸外国の中には、北海道・東北・北陸の各地方を管轄区域とする駐日外国総領事館又は駐日外国領事館を札幌市仙台市又は新潟市に設置している。この項目では、北海道・東北・北陸の各地方に設置される駐日外国総領事館(駐日外国名誉総領事館を除く)および駐日外国領事館(駐日外国名誉領事館を除く)を列挙する。出典は、『外務省・駐日外国公館リスト』アジア北東アジア東南アジア南アジアに限る)、北米中南米欧州中央アジアおよびカフカス諸国を含む)、大洋州(オセアニア)、中東西アジア)、アフリカの7ページに分割して掲載されている)による。

注釈

  1. ^ 東北日本・東日本と同義。地体構造・地質・地形上では、しばしば東北日本・東日本と同義[2]
  2. ^ 北国は北陸と同義で、北日本と部分的に重なる[2]。「中世以降、明治期まで使用された日本列島日本海側北部の地方, とくに新潟以北[3]
  3. ^ 北陸道の諸国[4]

出典

参考文献

関連項目


 

Back to Top
Close