ポータルフィールドニュース

ポータルフィールドニュース

in

🌤|西~北日本は大気非常に不安定 日本海側中心に落雷、突風、ひょうに注意 20日(水)は風も強まる


写真 

西~北日本は大気非常に不安定 日本海側中心に落雷、突風、ひょうに注意 20日(水)は風も強まる

 
内容をざっくり書くと
北陸や北日本は強風や高波にも注意・警戒が必要で、特に、東北日本海側の海上では、北西の暴風となる所があり、しける見込み。
 

低気圧や上空の寒気の影響で、あす20日(水)にかけては、西~北日本で大気の状態が非常に不安定となる見… →このまま続きを読む

 ウェザーマップ

気象情報会社のウェザーマップです。日々の天気や大雨・台風に備える防災情報について、気象予報士が執筆したニュース記事をお届けします。


Wikipedia関連ワード

説明がないものはWikipediaに該当項目がありません。

東北日本

東北日本(とうほくにっぽん、とうほくにほん)とは、地質学において、地質構造をもとに日本を大きく2つに分けたとき、東北側に位置する地域。

概要

フォッサマグナの発見当初から、2つの地体が大きく動いてフォッサマグナが形成されたと考えられており、その両側の地帯を分け、南西側を西南日本、北東側を東北日本と呼ぶようになった。

しかし、地質調査が進み日本列島の地下構造やその歴史が明らかになってくるに従い、フォッサマグナの内側や東側にも西南日本と同じ地下構造が分布していることが分かった。西南日本型の地下構造は棚倉構造線を境に東北日本型の地下構造に変わることも分かり、厳密には、棚倉構造線が西南日本と東北日本を分ける境界とするようになった。ただし現在でも、フォッサマグナを両地域の境界とすることも多い。

また、北海道中央部の宗谷岬東側-日高山脈-襟裳岬を縦断するは、現在は活動を終息しているがかつてはユーラシアプレート北アメリカプレートのすれ違い型(トランスフォーム型)境界である。これより東側はであり、東北日本の東限をこことする場合が多い。

東北日本の地質構造

オホーツクプレート上に位置。

西南日本東北日本の基盤となる地質構造(地体構造)を全体的に見ると、西から東に行くにつれ、順に形成年代の新しい地層へと移り変わってゆく。西南日本は南海トラフなどの海溝に平行に地質帯が並んでいるのに対し、東北日本は南に行くほど海溝側が古い地層になる形で斜めに並んでいる。ただし、帯状構造が明瞭なのは北海道付近に限られる。そのほかの地域では地表が第三紀以降の火山岩や堆積層に広く覆われ、帯状構造は地下に埋没していて、露出部分は北上高地阿武隈高地秩父山地付近など断片的にしか現れていない。

上越・北信地方の、北上高地南部の、阿武隈高地のうちより東側のは、約3億年~2億年前に形成された地質帯である。これらは西南日本におけるや黒瀬川帯(秩父帯中帯)と同年代の地層だが、断片的にしか存在しない。これは断層運動による破砕や沈降の影響や、日本海形成が始まって以降長期にわたって海面下に没し新しい地層に厚く覆われた影響が考えられる。

下越から栃木県までの、秋田北部から阿武隈山地まで斜めに延びる、青森・岩手北部の、渡島付近の、利尻島礼文島から苫小牧まで直線的に延びる、日高主衝上断層より西側のは、約2億年~6千万年前に形成された地質帯である。空知・蝦夷帯の中のは、西南日本における三波川変成帯と類似しており、かつては連続していたと考えられている。

関東甲信地方の真ん中を中央構造線が横切っており、糸静線との交点である諏訪湖から霞ヶ浦付近まで屈曲しながら続いているが、群馬県埼玉県の一部で露頭がみられるほかはほとんどが地下に埋没している。

西南日本の区分法にならって、中央構造線より北側かつ棚倉構造線より西側の東北日本を内帯(東北日本内帯)、棚倉構造線より東側を外帯(東北日本外帯)と呼ぶことがあるが、棚倉構造線以東を東北日本とする考え方が支持されるようになってから、あまり用いられなくなってきた。

出典

関連項目

北日本

北日本(きたにほん、きたにっぽん)とは、日本を大きく分ける時に使用される語で、日本の北部を指す。対義語は南日本

一般的には、北海道東北地方[1][注釈 1]である。北陸地方[注釈 2][注釈 3]を北日本に含む場合もある。

人口

2018年10月1日時点の域内推計人口は約1404万人。宮城県と北海道を除き、毎年1%もの深刻な人口減少に晒されており、2015年までは南日本(九州沖縄)よりも人口が多かったが、2016年に逆転されている。人口流出が激しいことに加え、全国的に最も少子高齢化が進んでおり、ほぼ同規模の人口を持つ南日本(1431万人)に比べて出生数が25%も少なく、死亡者は8%多かった。2019年の統計では、出生者数と死亡者数の比が2.2倍にも達した。南日本との差もさらに拡大し、出生数は26%少なく、死亡者は10%多くなっていた。

若年層の少なさに加えて合計特殊出生率も全国最低水準であり、今後も人口減少が長期にわたって続くと予想されている。国立社会保障・人口問題研究所の推計では、2045年の推計人口は1020万7000人(2015年に対して-29%)と予測されている。

道県名人口人口増減率自然増減率社会増減率
北海道528万6000人(8位)-0.65%(29位)-0.57%(34位)-0.07%(21位)
青森県126万3000人(31位)-1.22%(46位)-0.78%(45位)-0.44%(46位)
岩手県124万1000人(32位)-1.12%(45位)-0.77%(43位)-0.35%(43位)
宮城県231万6000人(14位)-0.33%(11位)-0.34%(11位)+0.01%(14位)
秋田県98万1000人(38位)-1.47%(47位)-1.03%(47位)-0.44%(47位)
山形県109万0000人(35位)-1.04%(42位)-0.77%(43位)-0.27%(38位)
福島県186万4000人(21位)-0.99%(39位)-0.65%(36位)-0.34%(42位)
北日本7県1404万1000人
全国1億2644万3000人-0.21%-0.34%+0.13%

2018年10月1日推計(カッコ内全国順位)

各道県の人口ピラミッド

全て2015年国勢調査による。

北日本を冠した主な企業

東北地方や北陸地方(特に富山県)を営業の拠点とする企業に多く使用されている。

他にブルボン(新潟県柏崎市)が1989年に現社名に変更するまで、「北日本食品工業」(北日本製菓)を正式な社名にしたこともあった。ジャックス信販会社:創業・登記上本店は北海道函館市)の旧称は「北日本信用販売」だった。

北日本に設置される駐日公館

諸外国の駐日外国大使館が東京都区部に設置されることから、諸外国の中には、北海道・東北・北陸の各地方を管轄区域とする駐日外国総領事館又は駐日外国領事館を札幌市仙台市又は新潟市に設置している。この項目では、北海道・東北・北陸の各地方に設置される駐日外国総領事館(駐日外国名誉総領事館を除く)および駐日外国領事館(駐日外国名誉領事館を除く)を列挙する。出典は、『外務省・駐日外国公館リスト』アジア北東アジア東南アジア南アジアに限る)、北米中南米欧州中央アジアおよびカフカス諸国を含む)、大洋州(オセアニア)、中東西アジア)、アフリカの7ページに分割して掲載されている)による。

注釈

  1. ^ 東北日本・東日本と同義。地体構造・地質・地形上では、しばしば東北日本・東日本と同義[2]
  2. ^ 北国は北陸と同義で、北日本と部分的に重なる[2]。「中世以降、明治期まで使用された日本列島日本海側北部の地方, とくに新潟以北[3]
  3. ^ 北陸道の諸国[4]

出典

参考文献

関連項目


 

Back to Top
Close