in

音が知らせるアルプスの今


写真:
雄大な山々が連なるアルプスの名峰、ユングフラウヨッホ。その山頂付近に位置する研究ステーションでは、冷… このままもっと読む

PORTALFIELD編集部より
記事では「地域財」というキーワードが使われていますが、環境という軸でエリアを捉える際には、古くからあるものの一つに国立公園がありますね。登山やアウトドアを楽しまれる方には馴染み深い方も多いかと思います。

今年で70周年を迎えた「支笏洞爺国立公園」や、既に80周年を迎えた自然公園もある中で、「ジオパーク」は日本では比較的新しい概念です。ジオパークはエリアを教育や観光に生かす活動を求められる点が特徴であり、それに伴う地域振興や開発も要素の一つになっていることに注目です。

「持続可能な○○」とはよく謳われる言葉ですが、ここに「開発」という行為を組み合わせていくのであれば、自然環境について考える際には欠かすことのできない「保護」と「利用」のバランスについて、今一度考えてみることがこれまで以上に重要になってきたと、改めて感じさせられます。(高橋)

 swissinfo.ch

あなたの評価は?

ピックアップする

配信者 swissinfo.ch

ガーミン、GPSマルチスポーツウォッチ「fenix6」にソーラー充電モデル

いまスニーカーを選ぶならトレイル系。テックな黒スニーカー3選