in ,

霧氷の散る尾根の登山道「聖山」

信州百名山の聖山へ行ってきました。
近くにある聖湖の影響からか、2月や3月は霧などが発生すると枝が真っ白に凍ります。
長野市街からも見える山なので、そんな様子を見てから聖高原の登山口へ行っても十分に真っ白な様子を楽しめる山です。

もともと行きたかった山とは別なのですが、雪がふかふかな里山も楽しいだろうと思い、三ツ和峠から聖山へと登りました。
2キロちょっとの行程で、前日までの降雪から、ずっと足首から膝下にかけて埋まりながらでした。

天気が良かったせいか歩いているうちに、どんどん白さが茶色に変わっていくのが惜しかったのですが、平坦な尾根ルートは楽しかったです。

山頂からの景色も満足感が高かったです。

■ジャンル: 雪山登山・ハイキング
■山域・エリア: 八ヶ岳・蓼科・美ヶ原・霧ヶ峰
■季節・時期: 2月
■パーティーの内訳: 1名
■宿泊形態: 日帰り

※この記事は2018年2月に「ヤマクラブ」へ掲載されたものを、サービス統合により2019年12月にPORTALFIELDへ移設したものです。

あなたの評価は?

ピックアップする

配信者 登山百景

最短距離の田沢嶺浦コースから登る「子檀嶺岳」

霧氷が覆う連続した岩峰の独鈷山