in

【登山でも被災地支援!適用地域一覧付き】観光に出かけて被災した地域を応援する! 「ふっこう割」ってどんな制度?


写真:

観光に出かけて被災した地域を応援する! 「ふっこう割」ってどんな制度?

「ふっこう割」とは、どんな仕組み?そんな状況に対する公的支援のひとつが「ふっこう割」です。まずは、観… このままもっと読む

PORTALFIELD編集部より
昨年の台風は記憶に新しいところですが、各地で甚大な被害を引き起こした災害に対して、私達一人一人が支援できることにはどのようなことがあるのか考えてみたことがある人は多いかと思います。

記事で紹介されている「ふっこう割」は、実際に現地に行くことで応援するタイプの仕組みですが、ボランティア活動を目的に被災地に行くのとは違い、旅行することによって観光経済面で応援できるものになっています。

実際のところ、ボランティア活動に参加するのはまだまだハードルが高いと感じている方はそれなり以上にいるかと思いますが、現地にお金を落とすことで貢献するというのは比較的参加しやすい方法かと思われます。

「一人一人にできること」それを考えてみた時に、旅行先や登山をする山の候補にふっこう割適用地域を加えてみることは、被災地支援の第一歩を踏み出すきっかけになるかもしれません。

現在(2020年1月22日現在)のふっこう割適用地域は下記の通り1都13県に及んでいます。その中には以前から訪れてみたい地域が含まれている方も多いのでは。この機会に、各地を訪れてみるのはいかがでしょうか。

【東北地方】
いわてふっこう割
宮城県ふっこう割

福島県ふっこう割

【関東地方】
栃木県ふっこう割
茨城県ふっこう割
群馬県ふっこう割
埼玉県ふっこう割
千葉県ふっこう割
東京都ふっこう割
神奈川県ふっこう割

【甲信越・東海地方】
新潟県ふっこう割
長野県ふっこう割
山梨県ふっこう割
静岡県ふっこう割

 ファイナンシャルフィールド

あなたの評価は?

ピックアップする

冒険家・三浦雄一郎さん 少年期過ごした岩手・金ケ崎を訪問

氷上ワカサギ釣り「涙の解禁」 赤城大沼 暖冬で10日遅れ

氷上ワカサギ釣り「涙の解禁」 赤城大沼 暖冬で10日遅れ