地元に愛され続け94年。高尾の銘店「食事処あさかわ」閉店。そして・・・。

衝撃的な知らせが入ってきました。

早朝に家を出て、高尾または藤野の駅から陣馬山登山口へ。

 

陣馬山→景信山→城山→高尾山

距離にしておよそ20キロ。アップダウンはさほどではないもののしっかりとした山歩きを楽しむことができる人気の縦走コース。

 

PORTALFIELDスタッフも、年に何度かこのコースを楽しんでいます。

皆様の中にも、この縦走の最終目的地が高尾山ではなく、高尾駅北口にある「お食事処 あさかわ」という方も多かったかと思います。

 

 

 

その「あさかわ」さんが2019年3月3日、たくさんの人に惜しまれながらも閉店しました。

「お食事処 あさかわ」
昭和元年創業。今年で94年を迎える老舗です。

大正天皇崩御の後、多摩御陵(現・武蔵陵墓地)に参拝する人が大変多かったため、初代店主がこの地に出店を決めたそうです。

 

当時、今の「高尾駅」は「浅川駅」と呼ばれていて、店の名もそのまま「あさかわ」に。そこから4代、94年に渡り、この地で営業を続け、登山者や地元の憩の場として多くの人々に愛されてきました。

長い山歩きのあと、明るい笑顔で「いらっしゃい」と迎え入れ、冷たいビールで乾杯。至福のひとときでした。

そして、何よりも楽しみなのが、とてもあたたみのある美味しいお料理の数々。

店内には手書きのメニューがずらり。これがまた、いい雰囲気です。

これらのメニューをはじめ、冒頭にご紹介しました「閉店のお知らせ」など店内に貼ってある達筆な書は、全て現在のマスター長谷川勇司さんによるものだそうです。

マスターのお名前「勇司」の読み方はちょっと珍しく「たかじ」と読むそうです。

あさかわさんで過ごす時間で楽しみの一つとなっているのが、お店の方々とのちょっとした会話や笑顔。
本当に、生き生きと、お客さん一人一人とまっすぐに接していて、また会いに行こうと帰る時はいつも思ったものです。

こんな素敵な場所がなくなってしまうなんて、残念でなりません。

PORTALFIELDスタッフも、閉店するとの情報を得て、閉店の前日にお店に伺いました。

すると、そこで、嬉しい衝撃の事実が!

今の店舗の営業は今日で終了することになりましたが、新たに現店舗とほど近い場所で営業を再開します。

準備等でまだ少し時間がかかるということでしたが、4月の半ばを目標にお店の名前も「あさかわ」のまま営業再開するそうです。

新しいお店がオープンいたしましたら、PORTALFIELDでもお知らせします。

 

皆様、もうあと少しお待ちくださいね。

それにしても、また、あさかわさんでのひと時を楽しめるとわかり、心底ホッとしました。同じ気持ちの方も多いのではないでしょうか。

 

新しいお店のオープンが楽しみですね。

お食事処 あさかわ

所在地: 〒193-0844 東京都八王子市高尾町1209
(新店舗は現店舗のすぐ近くになります)

電話: 042-661-0464(新店舗も同じ番号です)